2006年 12月 29日 ( 1 )

緊急的処置として

バーサンを、年末まで短期入所、ショートステイお願いしました。
昨日の往診で、胸部大動脈瘤もそう今すぐ心配することもなく
特に激しい運動をしたりしなければ、ふつうに生活を送っていいとのこと。
デイサービスも、ショートステイも、血圧が高いときなど入浴を差し控えれば、問題ない、と。

で、そのことを含め、わたしが最近は、バーサンの咳で夜もよく眠れず
睡眠不足で、ぶっ倒れそうだということを、ケアマネージャーさんに電話し、
来月のショートステイを少し前倒しして、早めに入所できないか、と相談したところ、
折り返しの電話で、「施設に聞いたら、明日から年末31日まで入れます」とのこと。
よかった!  年末の施設の送迎は30日で終わりで、
31日に帰るには家族の迎えが必要とのことだけど、なんのそれしき。

さっそく、今日から、行ってもらったんだけど、
ついた頃、施設の看護士から電話で「お熱が37.2℃あります」とのこと。
体中から力がぬけたわよ。せっかく休めると思ったのに。
ごめんね、バーサン。こんな言い方して。でも、わたし睡眠不足でへとへとなの。

午後また様子を見て電話をもらうことにして、わたしは1時間ほど仮眠。
午後の電話では、熱が37、4℃とか。
ケアマネさんに相談すると、
「ふつうは38℃くらいまで預かってくれるはずけど、
ひだねこさんとこは、少し丁寧なあつかいで用心して、電話が来たんでしょう」とのこと。
もし急変したら、電話もらって受診することにして、今夜はひとまず預かってもらうことになった。

在宅では看きれず、施設では病気を理由に受け入れられないとき、
「療養型をつかうてもありますが・・・」とケアマネさんのアドバイスだけど。
N病院では、最長3ヶ月が限度だという。
S病院付属の施設では、入りっきりになるはず、という。
じつは、わたし、このへんの区分をよく理解してないのだ。
特別老人施設とか、いろいろあって、不勉強だけど・・・。

最後まで、膝で看取る覚悟はしてなかった。
じつはわたし、おむつになったら、面倒看きれないな、と思ってた。
でも、2年半前、ある朝おきたら立てなくなっていたとき、
もうポータブルトイレを使用できなくなって、おむつになって、
でも、お世話できたのよね。まだ、バーサンは、今より頭もはっきりしていたし、
入院とか入所とかできなかったわけで、自宅で看るしかなかったんだけど。

だけど、自力で排便できなくて摘便なんてなったら、看きれないと思ってた。
とてもじゃないけど、ベッドの上で排便介助? 無理無理と思ってた。
そうなったら、施設に入れるしかないでしょ、って。
でも、必要に迫られたら、看護士に訊きながら、なんとか面倒みてるのよね。

今回も、肺炎なんてなっていたら、それをきっかけに、入院してもらうつもりだった。
でも、診断は、入院の必要はなし。きっかけを失った。

姉など、「わたしなら、もっと早く施設に入れていたと思う」という。
私自身、ここまでできると思ってなかった。
でもね、このまえ、一月半のショートから帰ったとき、ボケがすすみ独り言ばかりだったけど
在宅で、話しかけていたら、会話がとりもどせてきたのよね。
すごいと思う。その回復力! 元通りのすっきりした頭にはもどれないけど、でもね。

------------------------------
脳学者、茂木健一郎氏によると、脳というのはわがままなんだそうだ。
脳は脳自身の快楽のためには、体を犠牲にする、という。
楽しいと思ってすることでも、体に無理が来ていることもある、
ストレス解消の楽しみが、ストレスになることもある・・・ということであるが。

それを聞いて、思った。
自分では大丈夫と思っていても(これは脳の活動ね)、
体が悲鳴を上げることもあるんだな、って。疲れた!とか、眠い!とか、痛い!とか。
「これ以上もう無理です」って、体が白旗あげる。
たとえば、手根管症候群。これも体の悲鳴かも。
自分の体の声に耳を傾けるとしたら・・・その結果、バーサンの入所ということになったら

ちょっと気持ちの整理ができないでいる。
他人には「これまで頑張ったんだから、もういでしょう、限度よ」なんて言えるけど
バーサンは自宅が好き。自分の家が一番落ち着くと言う。
たぶん、入所したら、よけいにぼけ、体力も気力もおちるだろうし
結果、死期を早めることに・・・なーんて、考え過ぎなのか。

姉は以前、介護に関しては、ひだねこの判断にまかせる、と言ってくれていた、
Gサンは、自分の親なんだから、自分がいいと思うようにしたらいいと言ってる。
でも、これって、責任が全部私にかかってくるとも言える訳で・・・
お年も98歳、ここまでくれば、もう十分に生きたはずだけど、
わたしの選択決定で死期を早めることになったら・・・なーんて、
こころが、ざわざわしている。

夕方、ボーズくんに電話したら、
あす時間があったら、バーサンのショートステイ先に行ってみてくれるという。
ちょっと、たよれるみたいで、ちょっと安心。
[PR]
by hidaneko | 2006-12-29 23:11 | かいご | Trackback | Comments(2)