2006年 12月 20日 ( 1 )

過去日記

12月18日(月)
・バーサンはまだ咳がゼロゼロ。先生に往診を依頼。
 かかっていた老人向けのクリニックが、母体の総合病院に吸収されて、
 臨時の往診が頼みにくくなったけど、どうにか、午後きていただく。
 喘息の気味があるということで、薬を処方してもらう。
 熱もなく、食欲もあり、下痢嘔吐もなし。まあまあ、よかった。

12月19日(火)
・訪問看護の日。痰はあいかわらずだけど、切れがよくなったかな。
 タンを切るとき少し咳き込むけど、そう酷くない。
 排便が土曜日以来みられないので、摘便をたのむ。まだ残量あるみたい。
 睡眠時間が多くて、一日二食になっているけど、けっこうな量を食べる。

・午後、訪問マッサージさんが来る。
 なにやら、バーサンはつじつまの合わないことを長々と話しかけているが、
 ベテランの女性のマッサージ師さんが適当に相づちをうちつつ応対してくれたので助かる。

12月20日(水)
・定例の往診の日。
 容態は、そう悪くもなく、特別良くもなく、小康状態。
 朝ゆっくり寝ていたので、昼食が半端になり、エンシュアリキッドとクリームパン。
 体温も、血圧も、心配するすうちじゃないけれど、酸素飽和度が88〜90〜92(安定しない)
 指が冷えていたので、測るとき、いい数値がでなかったのかもしれないけど、
 ちょっと少なめですね。
[PR]
by hidaneko | 2006-12-20 17:02 | かいご | Trackback | Comments(7)