なつかない猫

こねこのこえがした。
まどをあけたら まっしろなねこが 
にわに まよいこんでいた。

こっちおいで、ってこえをかけたのに
いっちゃった。
きたら、かってあげようかとおもったけど
ごえんが なかったかな

しばらくして むかいのじんじゃのほうで
また こえがしたから いってみたけど
やっぱり にげられた 
ごえんがなかったのかな

どこかで
きんもくせいの かおりがした
あきだなあ。
[PR]
by hidaneko | 2008-10-07 08:56 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/9296914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふいづ at 2008-10-07 22:24 x
最近、うちに押しかけ子猫が来てます。
毎日庭に詰めてて、お勝手のドアが開く音がすると、すっ飛んでくるの。
足にまとわりついて、膝に乗ってきて、可愛いんだけど、
どこかの子かもしれないし、と家に入れないように中に入ってドアを閉めると
「開けてよ~追い出さないでよ~」って人聞きの悪いことを大声でにゃぁにゃぁ^^;
この前はひょいとうちに飛び込んで父とご対面。
父は猫がいるといつも手を叩いたり「わっ」って言ったりして脅かして追っ払うのだけど
その子は動じなくて、父を見てうにゃうにゃおにゃおにゃ喋ってたんだって(ハハ、談)
そんな子は初めてです。
父は「猫語はわかんねぇや」って言ってたらしいけど、
「うちの子になりたかったら頑張って父さんを説得しな」って言っておきました(笑)
Commented by hidaneko at 2008-10-07 22:39
>うにゃうにゃおにゃおにゃ〜〜

かわいい〜。そういう猫ならうちなら大歓迎なんだけど。
お父様も、そのうち猫語が理解できるようになりますよ。
ポール・ギャリコ(『スノーグース』などの著者)の本で
『猫語の教科書』というのがあるのだけれど、お貸ししましょうか。(笑)


<< 白菊 「傾斜」 >>