今日のコーヒー

f0016892_13182353.jpgラオスボラベン高原。
フルーティなやわらかな味わい。

某会議の帰り、お気に入りの美味しい珈琲屋さんに寄る。
会議室でからだが冷えきってしまった。
なんであんなに冷房をきつく入れるのだろ。
回りはスーツをビシッと着用だからか。
冷えきったからだに熱いコーヒーが美味しい。

車を運転しながら、色々なところに心が飛ぶ。
この頃よく浮かぶ言葉は…
「今日、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かも知れないが、私にはわからない」
カミュの『異邦人』の冒頭。

そしてまた…
「のど赤きつばくろめ一羽梁にいて たらちねの母は死にたまふかな」
これは誰だったろう。
 帰宅後、ググってみました。
 「のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にいて
  たらちねの母は死にたまふ(もう)なり」
   斎藤茂吉でした。
   うーん、かなり違ってましたね。うろ覚えもいいところだ。

色々なことを
そのまま受けとめるということ。
受けいれるということ。
そのまま、あるがままに。

バーサンのことも、
モグちゃんのことも。
それが大人、なんだろうけど、
できるつもりなんだけど、
まだ、心がもじもじする自分かいる。
[PR]
by hidaneko | 2008-06-19 13:18 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/8420699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日のコーヒー・2 今日の花 >>