せつないなあ

こういう記事って、ひとごとじゃないのよね。
寝ようとして、ネットのニュース見てしまって
母親の気持ちを思うと、胸が痛む。
夫とは家庭内で断絶し、引きこもりの長男と、知的障碍の次男を
たぶん、ひとりで抱えていたんだろうな。
保健所や、交番に相談しても
たぶん、何か事件を起こさなければ民事には干渉できない、と言われたのだろう。

胸が痛む。明日は我が身、とは言わないけれど・・・・・

今夜、BS2の『蕨野行』を観ながら思ったのは
わたし、死ぬのは怖くないけど、
わたしが死んだら、この子はどうなるのだろう、ということ・・・・



追記:
どんな事情があれ、人を殺めることはいけないことです。
我が子といえども、親の持ち物ではなく、一コの人格をもった人です。
そんなことは、あたりまえのことです。
でも、それでもなお、我が子を手にかけなければならなかった母親の心情やいかに。
時に世間は、母親に、製造者責任をつきつけることがありますから・・・・・




<神奈川・殺人>息子2人殺した…母親が自首 [ 01月17日 21時11分 ]

 17日午後1時10分ごろ、神奈川県相模原市上鶴間7、無職、吉本やす子容疑者(57)が自宅に近い交番に「息子2人を殺した」と自首した。県警相模原南署員が、いずれも無職の長男健一さん(29)と次男隆幸さん(24)が自宅内で死亡しているのを発見した。健一さんは首を刃物で刺され、隆幸さんは首に絞められたような跡があり、吉本容疑者を殺人容疑で緊急逮捕した。

 調べでは、健一さんは台所で倒れ、衣類などは着ておらず白い布がかけられていた。近くに血がついた包丁が落ち、風呂上がりに刺されたとみられる。隆幸さんは寝室のベッドの上であおむけに倒れていた。吉本容疑者は「長男は10年以上前から引きこもり、2カ月ぐらい前から『おれが世の中をダメにする』と話し出し、人に危害を加えると思った。自分が逮捕されれば知的障害がある次男が1人になり、ふびんに思い殺害した」と供述している。「16日昼ごろ、長男の首を包丁で刺し、夜に寝ていた次男の首をネクタイで絞めた」と容疑を認めているという。

 吉本容疑者は自宅1階で長男、次男と暮らし、2階は夫や夫の母ら計3人が生活し、あまり交流がなかったという。吉本容疑者は先月から、市の保健所や交番に長男のことを相談していたらしい。【鈴木一生、山衛守剛】
[PR]
by hidaneko | 2008-01-18 00:39 | かぞく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/7291656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポン太 at 2008-01-18 01:14 x
だれにも相談出来ない・・・・何処へ話をもって行って良いか分からない・・・でも問題あり・・・・どこか駆け込み寺はないかしらと思った時ありました(♋‸♋。)うるうる
人に話をするだけでもまず最初の気持ちの鎖は緩むんだけどナア~~
どこかにないですかね~~♡
遅くに失礼、オヤスミねε=┏( ・_・)┛
Commented at 2008-01-18 20:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hidaneko at 2008-01-18 21:40
>ポン太さん
>人に話をするだけでもまず最初の気持ちの鎖は緩むんだけどナア~~
ありそうで、ないんですよね。そういう場所。
わたしも、あちこち相談しようとしたことあります。
でも、結局、帰り道にかえって淋しい思いをしたこと数々・・・
在宅介護者の集まりでも、
「あんたのところは、まだいいよ、実の親を看ているんでしょ」とか
モグのことでも、家族会で
「おたく、まだ家庭内暴力がないだけ、いいですよ」な〜んて。
そう言われるともう、愚痴もこぼせなくなったものね。
市役所や保健所の窓口も、・・・・・・以下略。

幸い、ネットで良いひとたちに巡り合い、愚痴をこぼせるようになったけれど・・・・(笑)
Commented by hidaneko at 2008-01-18 21:47
>鍵さま

そうなんですよね。不安をかき立てる事件が多いですからね。
国会での、総理大臣の「国民のための政治を」という演説を聞いていてとても不愉快になりました。これだけ、格差が広がり、弱者が暮らしにくい国を作っておいて、何を今更そういうことを?と。


<< 引き続き、ニュースネタですが 初・雪道運転 >>