医療制度、わから〜ん!

下の記事への、ひろ先生のコメントから。

>市民検診は来年から様変わりします。

コメント欄に書こうとも思いましたが、別記事に立てました。
来年度の改正(改悪?)は、とにかく、医療費を削減っていうんでしょうか。
国民のことを、ほんとに考えているようには思えなくて・・・・
従来の検診ができない、って、どういうことでしょう?

ググっている時間がないので、現状だけメモ書き。
いま、こちらではこんな検査をしているようですが。

---------------------------------
・問診、身体計測、血圧測定、検尿
・血液検査……
 貧血検査
 脂質検査(血清総コレステロール、HDL、中性脂肪)
 肝機能検査(GOT,GPT,γ-GTP)
 腎機能検査(クレアチニン)
 白血球数
 糖尿検査(血糖、HbAlc) 
 血清アルブミン(65歳以上のひと)

※医師が必要と認めた倍の追加検査
 循環器検査(心電図、眼底検査)
 血液検査(血糖検査・糖負荷試験、APL、尿素窒素、血清尿酸)
 60歳以上の人の追加検査…聴力検査、腰椎エックス線検査、膝関節エックス線検査)

・肝炎ウイルス検診
・前立腺ガン検診
・大腸ガン検診
・胃ガン検診
・子宮ガン検診
・乳がん検診(マンモグラフィ、視・触診)
・肺ガン(結核)検診
---------------------------------
以上。意味も分からず書き写してるところもあります。
(前立腺ガンはわたしには関係ないですけど(笑))

来年度からは、どう変わるのか・・・
「後期高齢者医療制度」についても、
保険金の負担に付いては、今日新聞挟み込みで、お知らせが来たけれど、
医療の内容の変更については、素人には伝わってきていません。


お知らせのあった計算方法にしても、何しろ分かりづらい。
一生懸命読んでみても、わたしでも分からないんだから、
理解力の衰えたお年寄りには、チンプンカンプンの方も多いのではないかなあ?
かといって、前は「お役所だから、間違いがないだろう」なんて思っていたけど、
今は「うっかりお役所にまかせられない」状態。

♪どうすりゃ いいのさ このわたし〜 夢は・・・・
夢、ひらかないだろうなあ。夜も昼も。
[PR]
by hidaneko | 2007-12-16 22:47 | うきよ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/7075251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ@奈良 at 2007-12-17 08:54 x
キーワードは医療費削減=福祉切り捨て、なのです。
老健法に基づく市民健診は廃止(法律違反)、その代わりに生活
習慣病としての糖尿病、高脂血症を拾い上げるだけになります。例によって、制度がなかなかはっきりしません。間際まで決まらないのです。
検査項目は可成り減ります。後は各地方自治体の裁量ですが、地方自治体だって予算はないのです。検診に国の補助が削減されるのです。国民に長生きされては困るのでしょうね。
後期高齢者医療制度も未だはっきりしない部分が多いので、医療機関は困っています。はっきりしていることは、75歳以上のご老人一人ひとりから介護保険と同じく保険料が年金から天引きされることです。最も問題なのは、配偶者にも一律に保険料が徴収されるのです。ご老人2人世帯では一人ひとりから保険料が徴収されます。その保険料も月に7000円から10000円になると試算されています。介護保険料に上乗せされますので、年金生活者には月に大変な負担になります。それに、ご老人は何カ所かの医療機関を受診されていますよね。内科、眼科、整形外科など。(つづく)

Commented by ひろ@奈良 at 2007-12-17 08:55 x
(つづき)国は、老人が複数の医療機関を受診するから医療費が高くつくと考えています。出来るだけ1カ所に纏める方策、例えば、月に使える医療費を決めてしまう、所謂、包括制と主治医制(かかりつけ医)を考えています。
診療報酬が0.1%引き上げられると報道されていますが、初診料や再診料の引き下げ、これは患者さんに取っては朗報でしょうが、医療機関は困ります。
国は、夜間の診療を強制すべく、それに診療報酬を付けることを考えていますが、果たしてその時間帯に働いてくれる事務員さんや看護師さんがいるのかどうか、そのための人件費は出ませんので、結局の処、実質的には診療報酬は引き下げになって、経営が益々苦しくなると予想され、医療機関は、特に開業医は倒産する
でしょうね。くらい話しです。

Commented by hidaneko at 2007-12-17 20:58
>ひろ先生

いつも情報ありがとうございます。
これも、上げさせていただきます。


<< 医療崩壊? 久しぶりに内科へいった >>