物に守られる・・・

研いでもらった包丁が、小気味よく切れる。
今日のみそ汁の、大根の千六本がいつになく細く切れた。

前にアリさんに送ってもらったペッパーミルが、サクサク。
同じ粒胡椒でも、香りの立ち方が違う。

姉から来年の日めくりカレンダー「ねこめくり」が届いた。
例年の恒例。これがくると、暮れの気分がもりあがる。

品物が好きだ。
とくに、もらい物が好きだ。
使いながら、贈ってくれた人をのことを想う。
守られている気がする。

小指には、以前、モグがくれた小さな猫型のファッションリング。
高価でなくていいんだ。くれる気持ちが嬉しいのだ。

本棚に並んだ本の前に、ちょこんとフクロウの置物。
「いつも にこにこ 福ろう」の文字。

どれも、みんな嬉しい。

「マグカップ、多すぎだ」とGサンがいう。
「同じコーヒー、どれで飲んでも同じだろう。ひとつでいいだろう?」

うーん。だけど・・・・・
あれは、西の友だちが贈ってくれた猫の。色違いのオソロなんだって。
これは、モグが春に買ってくれたスタバの桜模様の細長いの。
これは、お気に入りの黄色いキリンの。
それは、アリさんが「こういう可愛いのつかいなさいよ」と買ってくれた豚の丸いの。
あっちのミドリの薄いのは、紅茶を飲むのに口当たりがいいの。

「気分によって使い分けるの。それぞれ、使うたびにくれた人のことを想うの」と、わたし。
「いちいち、そういうことを思うのって、鬱陶しくて面倒じゃないか」と、Gサン。

ううん、ぜんぜん。
使うたびに、下さった方のパワーをもらう感じがするの。お守りみたいに。
例えば・・・
「おはよう」と声をかけても返事がなかった時なんて、へこむけど
朝の目玉焼きに、手触りのいい、さくさく挽けるペッパーミルを使うと、いい気分になるもん。




>「いちいち、そういうことを思うのって、鬱陶しくて面倒じゃないか」

これって価値観の相違かな。
プレゼントあげても黙って受け取って、その辺に置きっぱなしだもんな。
[PR]
by hidaneko | 2007-12-13 00:55 | かぞく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/7049678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ@奈良 at 2007-12-13 08:57 x
 本当に、ものには一杯思い出が詰まっていますよね。
 変わらぬ姿で(ものの形は変わらないし、歳も取りませんから)、見つめてくれているものに、感謝することがあります。心が和みますね。
 娘が幼稚園の頃に作ってくれた紙の筆立てが机の上にあります。ボールペンを一つ入れただけで壊れそうですが、そこに、「いつも優しいお父さんでいてください」という添え書きがあります。それを見る度に(あえてみる度に)微笑ましく思ったり、ほろっとしたりで、感謝の気持ちにもなります。

Commented by ぼやっきー at 2007-12-13 09:03 x
少し耳のいたいところはありますがw
気持ちは 胸にとどいています あぁ どこでいいわけしてるんだww
男って そんな奴おおいかもですw またいいわけw

私 もらい物 使い倒すのが流儀でして ぼろぼろになるまでつかいたおします 感謝の意味をこめて  だから消耗品いただく方が多いのです

どうも私の性格上 物を整理するとかいう言葉自体が存在していないようなのでw  でも いいですよね 真心こもったプレゼント 価格なんてほんと関係ないし その人の気持ちがうれしいですよね 私もその恩恵をうけている一人であります はいw へこんだときに やさしい気持ちがたくさん送られてきて 何度救われたことか ほんと 感謝です

暮れにさしかかりますが 今年もこうやって よそ様ん家で ぼやきとおせましたことに 感謝して ラストスパートがんばります

お体ご自愛くださいませ
PS 私んち おととい未明からメンテで入れませんでした w
Commented by hidaneko at 2007-12-13 22:11
>ひろ先生
>ボールペンを一つ入れただけで壊れそうですが、

それでも、ずっと、ずっと取っておいてあるんですよね。
わたしも、子どもが小さい時にプレゼントしてくれた「おてつだいけん」と、
サンタさんへの手紙、まだ机の引き出しの奥にあります。捨てられません。
Commented by hidaneko at 2007-12-13 22:13
>ぼやっきーさん
>私 もらい物 使い倒すのが流儀でして

ぼろぼろになるまで使ってもらえたら、物も本望でしょう。(笑)
今年も、まだまだ残っています。
年末の忙しさを、どうぞ、ここでボヤキ倒してくださいませ。



<< 指の色 包丁を買った >>