柏崎原発直下に断層存在!?

夕刊を見てびっくり!
「柏崎原発直下に断層」の大見出し。(新潟日報2007年7月18日)
〈中越沖地震:耐震設計 前提崩れるー余震分布解析で判明〉
 震度6強、マグニチュード(M)6・8を観測した新潟県中越沖地震を引き起こした断層は、東京電力柏崎刈羽原発の直下にかかる可能性が高いことが、18日までの気象庁などによる余震分布の解析結果で分かった。東電も「余震分布をみて、断層が原発の直下にあることを認識した」と認めた。

 同原発は、活断層による直下型地震を考慮し設計しているが、想定は最大M6・5。Mが0・2違うとエネルギーは約2倍になるといい、設計時の前提が大きく崩れたことになる。

 東電広報部は「原発の設計時には今回の規模の地震は想定していなかった。今後、さまざまな調査を踏まえ社独自の調査も考え、直下型地震に備えたい」としている。

 本震の震源は、原発の北東約9キロ、深さ約17キロ。余震の発生域は、同原発に接するように本震の震源から南西方向に長さ約30キロ、幅約15キロの範囲で広がり、最大のM5・8など一部の余震は海岸沿岸の陸域にかかっている。

 余震は、本震で動かなかった断層が活動することで起こるため、中越沖地震の原因となった断層は、この余震域に沿う形で延びている可能性が高い。断層面は、日本海側から陸側に向かって下がる形になっているとみられる。

 柏崎刈羽原発の1号機の設置許可をめぐり、周辺住民が国の許可処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は2005年、活断層が周辺に存在するとの原告側の主張を「原告側が主張する活断層はそれ自体、断層ですらないもので、地震の原因にならない」と退けていた。

 東京大地震研究所の島崎邦彦教授は「気象庁の余震分布から断層面を推定すると、原発の下に差しかかっている可能性はある。今後、地殻変動の衛星観測データを分析して詳しい断層モデルが得られれば、詳細な議論ができるだろう」と話している。

 以前から柏崎刈羽原発の耐震性の不備を問題視していた柏崎刈羽原発反対地元3団体の武本和幸さんも、地震後の17日に同原発構内を視察し、不安を強くした。武本さんは「原子炉建屋近くの地盤が波打っていた。原発直下の地盤が動いたのではないか」と指摘した。


柏崎市が原発運転停止を命令を出したとはいうけれど、
安易に再開してはほしくない。できれば、そのまま廃炉にしてほしい。
チェルノブイリの二の舞いはごめんだから。




柏崎市が原発運転停止を命令

柏崎市の会田洋市長は18日、同市役所に東京電力の勝俣恒久社長、高橋明男・柏崎刈羽原発所長を呼び、消防法に基づき同原発全号機の使用停止命令を出した。中越沖地震で変圧器の火災が発生した柏崎刈羽原発に対する市の立ち入り調査の結果、「今の状態では安全性が確保できている状態にはない」と判断した。市が同法に基づき運転停止命令を出すのは1985年の1号機運転開始以来初めて。

 同原発は現在、地震に伴い4基が自動停止、定期検査中の3基を含めて全号機が運転を停止している。

 同市消防本部は17日、変圧器で火災が発生した3号機の火災原因調査に入り、同時に東電の消防活動態勢などを調べた。

 会田市長は「火災発生のほか貯蔵タンク破損による油漏れなど、施設全体の関連施設の損傷も心配されるほか、かなり原発構内の地盤もいたんでいる。運転再開は安全性が確保できるまでは運転再開を認められない」などと語り、市東電と安全協定を結ぶ県、刈羽村とも運転再開に当たっては今後対応を協議していく方針を示した。

 東電の勝俣社長は使用停止命令を受けたことについて、「真摯(しんし)に受け止める。しっかり原因を調査した上で説明したい」と陳謝した。

 一方、会田市長は勝俣社長との面談に先立ち、市役所で経済産業省原子力安全・保安院の加藤重治審議官と面会。保安院による同原発への安全確認状況などを聞いた。

 勝俣社長は同日午前、刈羽村役場を訪れ、品田宏夫村長にも謝罪。勝又社長は「申し訳なかった。対応に全力を挙げたい」と説明。これに対し品田村長は「再起動は東電が十分な説明をした上で許可するか判断する」と答えた。
新潟日報2007年7月18日

[PR]
by hidaneko | 2007-07-18 20:59 | うきよ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/5917742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ@奈良 at 2007-07-18 21:39 x
住民の指摘が正しかったわけで、設計段階からの前提の大元が崩れたのですね。
活断層の上に世界最大の原発施設を造るとはじめから解っていたのではないか、とさえ思います。その事実を隠蔽していたのではないかとも。本当に、人体に全く影響のない微量の放射線漏れであったのかの検証が必要です。今なお、漏れていないのかどうか。それにしても、放射線廃棄物をドラム缶に入れていた事実もそら恐ろしい。六ヶ所村も大丈夫なのか。プルトニウムを作り続けているのですから、大地震が六ヶ所村に起こったらどうなるのかという、情報公開をするべきですね。チェルノブイリの4基のうちの一つが事故を起こして、3000km離れた地点でもセシウムが検出された事実を考えると、今度の柏崎原発事故は本当にたいしたことではなかったのか。六ヶ所村で起こったら、日本はおろか、世界の破滅と言うことにならないのか、と考えると、本当に怖い。広島や長崎の原爆よりもっと恐ろしいことが起こらないのか。よい核、悪い核という言い方が本当に正しいのかを、真剣にまじめに調査して、正確に情報公開をして欲しいと思う。隠蔽体質はごめんだ。
Commented by hidaneko at 2007-07-18 21:57
地震大国の日本。どこにだって活断層がありそうですね。
絶対安全とか、絶対壊れない、絶対大丈夫とか、
「絶対」なんてことは、それこそ、ぜったいないのだから、
アブナイものは作らないでほしい、持ちこまないでほしいです。

ちなみに、わたしの所、原発から直線距離で約70キロです。
Commented by ふいづ at 2007-07-19 21:22 x
なんだか、ものすごおぉく、ため息が出てしまいました。
今ごろ、

> 「余震分布をみて、断層が原発の直下にあることを認識した」と認めた。

だなんて。
素人目に見ても活断層のうえなんて危ないと思うけど、
「専門家」が大丈夫といったら大丈夫になってしまうんでしょうか。
素人にはわからんことだよ、ってなことなんでしょうか。
こういうことがあるたびに、子どもの頃から目にしてきた原発関係のパンフに
「大きな地震が来ても大丈夫な所に作ってある、
 大丈夫な仕組みでできている」って書いてあったのは
何だったんだろうって思ってしまいます。

Commented by hidaneko at 2007-07-19 22:20
>ふいづさん

まったく、何だったんでしょう。
まず作る」という大前提があって、それに合わせて、
都合のいい数値をそろえていく・・・みたいな気がします。

>「専門家」が大丈夫といったら大丈夫になってしまうんでしょうか。

この言葉から、
先の沖縄戦の集団自決についての教科書検定問題を連想しました。
首相はコメントを求められ
「専門家がそう判断しているのだから・・・」って言ってましたが、
どういう立場の専門家に検定を依頼するか、で違ってくるな、と。
その専門家を選ぶのは、お上なわけで・・・・

原発の安全性についても、どの立場の声を聞くかで、違ってくると思いました。
>東京高裁は2005年、活断層が周辺に存在するとの原告側の主張を
>「原告側が主張する活断層はそれ自体、断層ですらないもので、
>地震の原因にならない」と退けていた。


<< 温度差? 地震での原発事故 >>