お土産はブロッコリー

おととい、7日の大風氷雨霰とは打って変わって、
台風一過の晴天、というか、小春日和のよいお天気。
おーい、なんなんだ〜、とお天道さまにツッコミを入れたいくらい。

Gサンが、急に「でかける」と言い出した。
前日、テレビで黒部峡谷のトロッコ電車と黄葉を報道していた。
それを見ていたせいか、紅葉を見にいきたくなったという。

「今日を逃すと、あと日にちがとれるかわからないし…」
と、いいわけがましくおっしゃいますが、
よいよい、よいですよ。行っておいでなさい。
ようやくその気になりましたか。

ここ数年、Gサン鬱々と気ぶっせいの日々が続き、
そこのろ、気晴らしにドライブでも?と誘っても、
「おまえとのドライブは俺のトラウマだ」とまでいわれ…
それが、ここへきて、自分で行く気になったのは、よい傾向。

「どこへいくの?」
「わからん、一度秋田の方へ行ってみたいけど(紅葉には)遅いだろうな」
「高速があるから仙台方面もすぐだし、京都方面はこれから見ごろらしいわ」
「京都へは当分行く気はしない」
「どこへでも、ごゆっくりどうぞ。どうせなら泊まってきたら?」
「泊まるようなら連絡する」

・・・・・・・・・・・・・・・・
ふう。行っちゃったよ。
泊まってくるかな。
夕ご飯はモグちゃんとふたりきり。何を食べようか。

なんとなく、きままな空気がながれ、ノンビリして
手抜きのお夕飯にしようときめたころ、Gサンから電話。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「いま、○○。これから帰る」
「あら、泊まらなかったの? その近くなら△△温泉や××温泉もあるでしょ」
「うーん、ここまで来たから帰る。ブロッコリー買った」
「は?」
「今、高速道路のパーキング。○○ゆべしとか、××まんじゅういるか?」
「いらない」
「じゃあね、ブロッコリーと大根買った」

かなり遅くなって帰ってきたGサン。会津方面へ行ってきたという。
どこかで産直販売にであったらしい。お土産はブロッコリーと、赤大根と辛味大根。
ブロッコリー3個200円のところ、終わりだから4個で200円にまけてくれたんだって。
嬉しそうに話すGサン。
包丁がまだうまく持てず、大根もブロッコリーの茎もきれないんですけど、わたし。
夜中の台所、Gサンをつかまえて切ってもらって、大ナベで茹で上げて・・・
だから、いま、我が家には大量のブロッコリーがあります。
冷凍できるのも知っているけど、うまくできないので、せっせと食べることにします。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-09 23:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/3749870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋の桜餅? ほう・れん・そう >>