筋肉痛のわけ(国上山行き)

友達に、山に行こうよ、と誘われていた。
だけど、わたしは、膝が思うようでなく、自宅の階段でも痛むことがある。
とても、山になど行けない。行きたいけどね。
でも新緑の候、お互いの気持ちや条件をすり合わせて
昨日、4月30日の日曜日、小ぶりな山に連れて行ってもらうことにした。
良寛さまの五合庵のある国上寺(こくじょうじ)のある国上山(くがみやま)だ。
麓のお寺、国上寺の境内では,しだれ桜が綺麗だった。
f0016892_924325.jpg
階段の多い登り道。心配した膝の具合はまあまあ。
しりとりなどしながら、登る。
友達が「ゆっくりよ、ゆっくりね、と声をかけてくれる。ありがたい。
山は緑がきれい。でもわたしのガラケーではうまく撮れない。
緑をあらわす言葉をさがすけれど、うまくでてこない。
白っぽい緑や、黄緑、常緑樹の濃い緑など
「まとめて万緑じゃあだめ?」「そんな単語あったっけ?」
・・・あ、「ばんりょく」一発で変換できたから、やっぱりこの単語はあるのだ。

木々の向こう、薄水色の空の下に少し濃く見えるのは日本海。
f0016892_924340.jpg
年配のご夫婦らしきカップルの姿がいくつか見られる。
近くの方で、国上山を庭のように歩いている様子。
「あと、もうすこしですよ」と声をかけていただく。
f0016892_924342.jpg
はい、山頂に到着。少し息切れ(笑)
標高は、たったの313m ですって。
山頂で、笹団子、うまし。でも小さいなあ、でも小さいから食べられた。
少し休んで、きた道を帰らず、案内板の、蛇崩からちご道へ大回りして帰ることに。
(どっちかというと、わたしは元来た道でよかった。その方が短そうだし楽そう。
でも、蛇崩とはどんな場所か、好奇心も湧いて、膝に聞いたら「まあまあ」との返事)
f0016892_937237.jpg
階段の多い下り道。膝にくる。
小学生連れの家族が反対側から登ってくる。ぴょんぴょん、駆けるようで楽しそう。
若い青年が後ろから追い抜いていく。私たちは立ち止まって道を譲る。
わたしは、ゆっくり、ゆっくり。景色を眺めたり、花を愛でたり。
あちこちでささやかな花が咲いてて癒される。
f0016892_924392.jpg
たぶんリンドウの仲間。フデリンドウ(筆竜胆)? すごく小さい3センチくらい。
いま検索した見たら、やっぱりそうらしい。葉の形が同じ。( こちら
f0016892_924318.jpg
時々立ち止まって、小休止。膝が悲鳴をあげ始めてる。
木々の間から平野が見える。田植え前の水を張った田んぼが美しい。
国上山は、海岸の近くにあるので、登るときは木々の間に海が見え
下るときには木々の間に越後平野が見えた。
f0016892_924380.jpg
赤紫のツツジがきれいだ。友達の好きな色。
f0016892_9254418.jpg
へろへろになりつつ、「なぜ下ったのにまた登る?」とか文句をぶちぶち言いながら
それでも、友はいやにならずに付き合ってくれて、無事に駐車場へ戻りました。
休憩を入れて3時間弱の山歩き。
もう、汗びっしょり。顔がほてるのは、日焼けしたせい? 帽子も汗染み。

「コーヒーが飲みたい。美味しいコーヒーが飲みたい」とうるさいわたしに付き合って
友達は「美味しいコーヒーねえ、この辺じゃないわねえ」と考えてくれて。
結局、日帰り温泉へ。連休中だったから、小さな子連れがけっこういたけど。
岩盤浴で、またたっぷり汗をかいて、すっきり!

さて、鴉かーと鳴いて夜があけて・・・
わたしは、身体中の筋肉痛に(笑)
膝痛で階段を下りるのがガニ股なのはわかるけれど、
臀筋が痛いのは意外だった。





日本色研事業株式会社刊「日本伝統色 色名事典」より

鶸色(ひわいろ)
鶸萌黄(ひわもえぎ)
若草色(わかくさいろ)、若菜色(わかないろ)、若苗(わかなえ)
萌黄(もえぎ)、若緑(わかみどり)
萌葱(もえぎ)
裏葉(うらは)白っぽいみどり
柳葉(やなぎは)、柳色(やなぎいろ)、草柳(くさやなぎ)
松葉(まつば)
青竹(あおたけ) マラカイトグリーン
若竹(わかたけ)
老竹(おいたけ)若竹色にグレーが入った感じ
千歳緑(ちとせみどり)
山藍摺(やまあいずり)
木賊(とくさ)
海松(みる)
鶯(うぐいす)
青白つるばみ(あおしろつるばみ)つるばみ=木偏に象
山鳩色(やまばといろ)
麹塵(きくじん)
緑青(りょくしょう)
白緑(びゃくりょく)
青磁(せいじ)


同刊「色名小事典」より

(黄色とオリーブ色から緑へ、どこからが緑と言えるか、わからないけど)
オリーブ色
オリーブドライブ
オリーブグリーン
エルムグリーン(うぐいすいろ(鶯色
セイジグリーン(おいみどり(老緑
シーモス(みるいろ(海松色
ホワイトリリー
レタスグリーン(わかなえいろ(若苗色
フレッシュグリーン(わかくさいろ(若草色
ライトライムグリーン(ひわいろ(鶸色
エルブ(もえぎいろ(萌黄色
シャルトルーズグリーン
メドーグリーン (フランス語では ヴェルプレリー)
グラスグリーン(くさいろ(草色
フォーリッジグリーン
ウイローグリーン(やなぎばいろ(柳葉色
リーフグリーン
ティーグリーン(まっちゃいろ(抹茶色
モスグリーン(こけいろ(苔色
オパールグリーン(びゃくりょく(白緑
ペールアクア(うすみずいろ(薄水色
スプリンググリーン(わかみどり(若緑
ライトジェードグリーン(わかたけいろ(若竹色
アップルグリーン(フランス名では ヴェルポンム)
コバルトグリーン
パロットグリーン(オウムの羽毛のような緑)
ターコイズブルー
エメラルドグリーン
エバーグリーン(ときわいろ(常盤色
マラカイトグリーン
ホリーグリーン(ふかみどり(深緑
ビリジャン ビリジアン
サーフグリーン(わさびいろ(山葵色)
ジャスパーグリーン(ろくしょう(緑青)

(飽きてきたから、またあとで)


[PR]
by hidaneko | 2017-05-01 09:24 | なかま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/27770249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パン 今週のたなくじ >>