堪忍と気晴らし

落語にもありますが……
「堪忍のなる堪忍は誰もする、ならぬ堪忍、するが堪忍」
「堪忍の袋の紐を首にかけ、破れたら縫い、破れたら縫い」

奈良の観音、駿河の観音。

前に、モグのことなら許せる、みたいなことを書いたけど( こちら )
今日はプッツンしてしまった。

原因は……




元を正せば、やっぱりGサン。

先日、隠居所(元喫煙所)の撤収に伴い、母屋の居室へ引っ越した件。

隠居所から持ってくるキャビネットを置くので、隣室へ運んでおいた小ダンス。
「やっぱり、俺の部屋に置いてもいいぞ」と、Gサン。
言って、どこかへ行ってしまった。

「元に戻すから手伝ってくれ(Gが主になってわたしが手伝い)」でもないし、
「元に戻していいから俺が手伝おう(わたしが主でGが手伝う)」でもない。

わたしに「戻していい」と言うだけ。
戻すのはわたし。手伝いはなし。
これがアスペのやり口、考え方です。
考えが及ばない。
「こう言ったら、どうなるか」と考えない。段取りがわからない。

はい、わたし、かたづけ始めました。
抽斗の中の、要らないものは捨てて、要るものも整理して……。
抽斗は8つある。その上に観音開きの扉。
そう、このタンス、小ダンスと書いたけど、細長いの。背が高い。
高さは隣室の鴨居より高かった。
全部の抽斗を引き出し、観音開きの中もだして、
本体を運ぼうと思ったら、鴨居に引っかかった。
斜めにして運ばなければならない。

ちょうど、モグが起きてきて、シャワーを浴びたあとだったので
「ちょっといい?」と声をかけた。
「なに?」すっごく不機嫌そうな硬い声。
「タンスを運ぶの手伝って欲しいの」
「ヤダ!」
一瞬の間もなく、言下に断られた。むかっときた。

昨日、一昨日とたっぷり寝たはず。寝てた。
その前の2日ほど、ほとんど寝ていなかった。
それはわかってた。それについては、了解してる。
わたしは別に文句も言わない。

だけど、たっぷり寝て、回復したはず。
手伝いを頼んでも、5分もかからない仕事、2、3分の仕事。
細長いけど、二人で持てば、そう重いものでもない。

それを言下に断られて、ムカッときたわたし。
「じゃあ、いい!」
タンス、一人で持ちましたよ。フラフラしながらだけど。持ったよ。
持って移動したよ。隣の部屋まで。
そして、抽斗を全部運んで、元に戻した。
「火事場の馬鹿力」というけど、怒りに任せての仕事。

モグは、そのあと、どこかへ出かけて行った。
すぐ脇の部屋にわたしが居るのに、黙って。
行き先を連絡黒板に書いて。
あははは・・・・この辺のやりくち、Gサンとおんなじ。

Gは朝からどこかへ行って、いない。
モグもでかけた。
わたしだけ、むかっ腹を抱えている。
頭痛もしてきた。敏感。心因性だと思う。
これはよくない。
気分転換しないと。

ほんとは、今日は、天気もいいし桜も満開だから、
銀行へ行く用事のついてで、川沿いの土手まで歩いて、
「ひとり歩きお花見」するつもりだった。

ほんとは、ほんとは、今日は、友達に山へ誘われていたんだ。
「角田か弥彦へ行かない?」って。
だけど、膝の具合が悪いから、泣く泣く断った。行きたかったけどね。

雪割草は終わりかな。
角田や弥彦へは登れないけど、遠出をしてみようか。
午前中はつぶれたけど、車なら2時間も走れば気分転換できる。
海沿いの道を行こう!

そう決めて、お昼を食べ、午後から出かけてきた。
海沿いの道。すごく久しぶりだった。
途中まではよく通る道だけど、その先は久しぶり。

海があり、山がある。角田、弥彦の裏を通る道。
アップダウンがあり、左右に曲がりくねっている。
晴れた日は海が綺麗、雨の日もまたよし。
介護の時、気晴らしによく来ていた道。
バーサンがデイサービスに行っている間に、つかの間の命の洗濯した道。
片道1時間半、暇つぶし1時間、帰りにまた1時間半、計4時間の日帰りの旅。

目的にしていた「雪割草の里」は、季節が過ぎて閉園してた。
かわりに、すぐ脇の、日帰り温泉に入る。
日帰り温泉も久しぶり。すっごく久しぶり。

これで、またしばらくは、文句を言わずに働こう。
Gサンが自己中でも、モグがつっけんどんでも、柳に風と流そう。



[PR]
by hidaneko | 2017-04-14 18:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/27725417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 早く寝すぎたら、真夜中に目が覚めて… やっぱり海が好き >>