映画の話を書くつもりがカニの話になってしまった

さて、今日は馬齢をひとつ重ねまして
モグが美味しいケーキ屋さんのプリンを買ってくれた。
というか、わたしが自分で買いに行ったんだけど。
というのも、朝一で、今日からの「中島みゆきconcert「一会」劇場版」というやつ、
やっぱり大画面でみる中島みゆきはいいなあ、と臨場感たっぷりに浸ってきまして。
出がけに、モグがお金を手渡してくれて
「映画の帰りに、これで◯◯のかぼちゃプリンを買ってきてね」って。

正月に、息子のうちに行くのに、
そこのかぼちゃプリンを手土産に買って行って、みんなで食べるはずが
お嫁さんは「ありがとうございます」って、冷蔵庫にしまわれて、
食べ損ねたの(笑)

あと、地物のイナダのお刺身も買った。
養殖のブリよりぜったい美味しいやつ。
カニは、買おうと思えば買えたけど、面倒臭いから買わなかった。
各自で食べてくれるならいいけど、
食べやすいようにして出さないと食べない。面倒な奴が一人いるの。

わたしは、カニは大好きだけど、食卓に乗せることも滅多になくなりました。
だって、面倒なんだもの。
あ、自分で食べる分にはぜんぜん面倒じゃない。ホジホジして食べます。
細い足の先も、ぽきんと折って、すうっっと身を引っ張り出して上手に食べます。

昨日会った友達とカニの話になって、うちの場合を話したら
「そんなに面倒をみてあげるの? ほうっておけば?」と言われたけど
奴は、放っておくと、とても、とても、勿体無い食べ方をする。
まだまだ身がついているのに……罰当たりな食べ方をする。

でも、あの人にカニの身をほじってやる気がもう失せてしまって、
モグと二人だけ食べるのもなんだから、それよりは自分の欲望を抑えたほうが楽、
ということで、ここ数年カニは買ってない。

ふう~、書いていたらカニを食べたくなった。
こんど買ってこよう。
牡蠣もそうだな。
わたしは大好きだけど、家族があまり好きじゃなくて食べない。
で、牡蠣の他にも家族が食べられる料理をしなくてはならなくなって、
二つ作るのは面倒だから、自分だけ好きな物に対する欲望を押さえ込んでしまう。


閑話休題
映画、良かったです。

モグが、気の早いサンタに頼んでDVDをプレゼントしてくれて
見ていたけれど、大画面で観ると迫力が違いますね。
歌唱力、表現力に涙が出そうだった。
リハーサル・ドキュメンタリーもあって、たっぷり2時間半。

第一部、sweet もいいけど、
第二部の、bitter の「阿檀の木の下で」の演出とか
「ベッドルーム」や「Why & No」「空がある限り」など
歌詞の意味を、今の世の中と考え合わせて聞いていて
胸に突き刺さるというか、多きく頷くというか、
中島みゆきが歌でここまで表現できるってすごい、と思った。



[PR]
by hidaneko | 2017-01-07 18:42 | みきき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/27424604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g-san1101 at 2017-01-08 18:05
公開初日に東京で瀬尾さんのトークショーがあったらしく、みゆきさんのファンの方がこの映画を見ての様子などネットで見かけました。私は多分見に行かないと思いますが、リハーサル・ドキュメンタリーだけは見てみたいです。
Commented by hidaneko at 2017-01-09 09:28
>g-sanさん

コメントありがとうございます。
リハーサル・ドキュメンタリーは、そんな些細なところにまで気を配って、
それで完璧なconcertが作られていくのだな、と興味深かったです。


<< 気がついたら・・・ 幻肢? 幻枝? >>