糸魚川での大火災、そして市内でも

テレビは見ていなかった。
たまたま仕事中につかれて小休止で、
ツイッターを見ていたら「糸魚川」がトレンドに上がってきていた。
なに? と思ったら、火事の報道だった。

南からの強風にあおられ、駅近くから海側へ燃え広がり、
結局、150軒も焼いたという。
完全に火が消える鎮火まで30時間かかったという。

避難命令が出て着の身着のままで避難した人たち
何も持ち出さずに家が全焼した人も多いという。
この年末、寒空に、さぞかし…と思うと、胸が痛む。
幸い、といったらなんだけど、お怪我をした人が数人で
亡くなられた方がおられずによかった……。

それが昨日。
そして今日、市内でも火事があった。
それも市街地の木造住宅が密集しているところで。
幸い、風向きが昨日の南風とはちがい、西の風。
2軒を焼いただけで鎮火したというけれど
火元のお一人がなくなったと聞く。
ご冥福をお祈りします。





自宅裏のあれこれで、心疲れてる自分。
東日本大震災も、今度の糸魚川大火もそうだけど
あっという間の自宅消失・・・・どんなお気持ちだろうと思う。

避難命令で逃げて、避難所へ行った方々
「自宅がどうなっているのかわからない」と。
鎮火して戻ってきたら、全焼失と。
どんなに心折れたことか。

「これからどうしたらいいだろう」と、崩折れるのも当然。
わたしなら・・・・わたしなら茫然自失、何もできない気がする。
住宅再建のために借金したって返すあてもないもの・・・
ならば、どうする・・・・?

県が全力あげて支援すると県知事がコメントしてたけど
ほんとに、そう願います。

[PR]
by hidaneko | 2016-12-23 20:58 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/27383010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 寒い! クリスマスイブの土曜日 過去日記:2016年12月21... >>