スノーフレーク(鈴蘭水仙・スズランスイセン)

これは、球根植物。子供の頃からあった花。亡母は「すずらんすいせん」と呼んでいたけれど、正しくはスノーフレークというようだ。スイセンのような葉っぱで、スズランのような花が咲く。
f0016892_21112005.jpg
かなり前に花壇にしようと、木蓮と山茶花の下に植えたけれど、どんどん増えて、もう雑草並みだった。
少し遅い春に咲く。この花が咲く頃、遅咲きの緋色の花桃も咲くのだ。合わせて生けると紅白でとてもきれいだった。

秋植えの球根、植えっぱなしだったのを、秋に掘り起こして、また来年植えて花が咲くものか?
掘り起こしたのはほんの一部分。あとのはスロープを作るとき掘り起こした土の下に埋もれてしまった。春に芽生えてくれるか。それとも、その前に二期工事になってスロープはセメントで固められ、球根はその下で窒息するのか。

[PR]
by hidaneko | 2016-12-04 21:16 | 草木への思い | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/27178438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週のたなくじ 山茶花(サザンカ・緋の司) >>