また、ことを荒立てられた

わたしは「叱責された」とか「叱られた」とか言っていないのに
Gサンは「おれは、叱責してないぞ」という。

「叱責してないぞ」という言外に
「だから、そんなに責めるな。責めるお前が悪い」というニュアンスを含ませる。

あの人はいつも、わたしが悪いことにして自分を正当化しようとする。
それが不愉快だから、わたしは黙る(ことが多い)

でも、今日は黙っていなかった。
そして、やっぱり不愉快な思いだけが残った。
話した中身は伝わっていないと思う。







     ・     ・     ・

朝ごはんのとき(といっても、時差食べ。わたしが食事を終えてからGサンは起きてきて、テレビを観ながら食べ始めていた)

「あいつは何なんだ。食器を洗っても拭いてなくて」とGサン。
「あ、カゴの、わたしが朝ごはんのあと洗って、まだ拭いてないんです」と、わたし。

「今じゃない。いつもだ。モグは食器を洗って、拭かないでそのままにしておく。どういうつもりなんだ。夜中とか起き出して食べたり。あの歳になっては仕方ないのか・・・」

ぼそぼそと言う。こっちを見ないでいう。だけど他に人はいないから、わたしに聞かせているのだと思う。でも苦情の元はモグのこと。だったら、自分で直接言えばいいのに、自分で言えずに、わたしに言わそうとする。いつも。

だけど、何か言うと諍いになるから、わたしは黙っていた。
モグが食器を洗って拭いてなかったのは事実だろう。だから、わたしはGサンの言葉を否定はしない。でもそれには理由がある。だから、賛同もしない。黙っていた。黙って部屋を出た。

言わなければわからないだろう、と思う。見てない人にはわからないだろう、と思う。Gサンはほとんど母屋にいない。だから、わたしやモグの日常を見てない。

実は、昨日はわたし、夕ご飯を作ったところで手が痛くなって、それ以上、作業ができなかった。手を使いすぎると尺骨突き上げ症候群が痛むのだ。
午前中、ボランティアの定例会で出かけ、帰宅途中で買い物をして、午後、家に帰って仕事をしてた。夕ご飯を作ったところで、バッテリー切れ。大根とツナのペタペタ煮をつくり、小松菜とシメジのオイル炒めを作ったところで手が悲鳴をあげていた。

そこへ、モグが起きて二階から降りてきたので、
「お刺身、切れる?」と頼んだけど、「できない」とモグ。
ほんとうはモグだって上手に切れるのだけれど、その時は寝起きでダメだったらしい。
「お鍋とフライパンのものを大鉢に移して。母はバッテリー切れ」と伝え、頑張ってブリのサクからお造りを作った。

やがて、モグは料理を居間に運び、食べ始めた。
わたしは食欲も失せて、へろへろで食卓につき、眺めていた。
で、わたしもぽつりぽつりと、お刺身をつまみ、残り物の白菜煮を食べ……モグが食べ終わり、食器を片付ける時、一緒のお盆にわたしのも載せた。
「すまぬ、母のも洗ってくだされ」

あとをモグにまかせて、わたしは、2階にあがり、変な格好で布団に潜り込み寝落ちしたのだった。
モグは、二人分の食器を洗い、鍋やフライパンを洗って、そのまま拭かなかったらしい。
それが、Gサンの目に止まったのだろう。
で、朝の発言となったわけだ(と憶測)

日中、母屋にいないGサンは、モグの睡眠障害の実情を知らない。眠れずにどんなに苦しんでいるか、薬で調節できずにモグ自身がどんなに辛いのか、見えない。Gサンはただ「夜中にばかり起きていて」という言い方をするばかり。

Gサンは、わたしがどんなに働いているか知らない。先月末からの風邪が長引き、小屋などの整理がギリギリになって、押せ押せになってきた内職仕事。小屋の片付けもGサンはしてないからね、大変さがわからない。
風邪をひいてほんとうに布団から出られずに寝こんだ時は食事をつくってくれた、それは大いに助かった。
だけど、見えないと分からない。Gサンは、思いやる気持ちが欠けているから、相手に「どんなだ?」と聞いていたわることもしない。アスペルガー(自閉症スペクトラム)ゆえと思いたいが…。

Gサンは、したことを評価せず、落ち度をあげつらうだけ。
(これやられると、正直、疲れます)。


でもでも・・・・言わなければわからない、だろうと思い、夕食後、Gさんに伝えたのです。
「今朝のこと、あなたは『モグが食器を洗って拭かない』と言ってましたが、彼女もバッテリー切れだったのだと思います(敬語ww)。近頃、わたしが夕方になるとバッテリー切れになって、料理を作ったところで、お鍋や食器を洗えないので、モグが洗ってくれて、そこで彼女もバッテリー切れになって、そのままにしてあるのでしょう。すみません」と。

本当は、前にGサン自身が言ってたんだ。
「洗っておけば、おれが拭くから。そのまま置いておいてくれればいい」と。
Gサンの調子がいい時のことね、きっと。だけど、わたしは真(ま)に受けた。
洗っておけば拭いてくれる、と。だけど違ってた。咎められるんだ。
今日の、モグのこと。言い訳? でも現実を知って欲しかっただけ。

それが「おれが叱責してると取ったのか」と、叱責された。
声のトーンが変わるからね、アスペさんは。いきなり激怒バージョンに入る。
わたしの、「脳内・激おこプンプン丸」なんてかわいいものよ。
わたしは、脳内だけで、相手にはぶつけないもん。ここで愚痴るだけ。


はぁ・・・


[PR]
by hidaneko | 2016-11-17 21:34 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/26932055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 黄色い日曜日 こんなこと(ブログの更新)して... >>