恐るべし、ストリートビュー

話は長くなりますが・・・

お昼前、2階にいたら、ガッシャーン! と大きな物音。
すわ、自動車事故か! と駆け下りて外にで見たら、
我が家と、隣家の間に立っている街灯に、車がぶつかって、街灯が倒れてた。

左前輪に支柱を巻き込んで、ポールがタイヤの内側に入ってる。
f0016892_20010977.jpg
人身事故でなくて幸い。
車から出てきた青年、やっちまった感いっぱいの面持ち。
「怪我ないですか?」と聞いたら「大丈夫です・・・でも車が・・・」と。

対向車をよけようとして、ポールにぶつかった、と。
「対向車は逃げちゃったの?」
「ええ、でも、ビデオで撮ってるはずですから」って、
今時の車って、ビデオカメラが付いてるのか? すごい。

自分の保険のことを心配してるから「社の車ですか?」と聞くと、そうだという。
「これから、会社と、警察に電話します」と。
「社の車なら、会社が保険に入っているから、そちらから支払われるでしょう。
会社内部であなた、叱られるでしょうけどね」って。

何より、街灯のポールが倒れて電線がたれ、電気が通じているのが気になる。
「車のエンジン、切ってね」
雨でなくてよかった。地面が乾いてて。

わたしはわたしで町内会長に連絡。街灯は町内で立ててるものだから。
町内会長さん、たまたま在宅で、すっとんできた。
そのうち、事故を起こした青年の上司二人が来る、警察が来る。
事故を起こした車、地元大手の会社の関連会社の車だった。
青年は仕事をひとつ終えて、帰社する途中だったって。
ほんと、お気の毒に……。まあ、怪我がないのが不幸中の幸い。

電気会社がきて、切れた電線の始末をし、
レッカー車が来て、車の前を持ち上げ食い込んでいたポールからはずしてた。
f0016892_20164768.jpg

ここからが本題。

街灯のポールが倒れる時、うちの玄関のひさしを壊したのだけど、
それも保険で直します、って、青年の上司がいった。
「かかりつけの大工さんがいたら、そちらに見積もりを出してもらってください」と。

すぐに、大工さんに電話。見積もりをお願い。
その後、すぐに、損◯ジャパ◯から電話があって、
見積もりの件について、って。
「ご住所でだいたいの場所はお聞きしましたが、どこが壊れたのでしょう」と。
「△△のお宅でしょうか」と家の外見の特徴をいうから、
ははーん、ストリートビューみてるな、と思って。

「左の窓のところでしょうか?」と、先方、
「いえ、その右に階段があって、その上のひさしです」ってわたし。
「あ、わかりました」
で、大工さんの連絡先を聞いて、あっちで対応してくれるらしいけど……

便利な世の中、というか、ある意味、怖いねえ。
(だけど、ストリートビューって、どれくらいで更新してるんだろう。
あとでパソコンで見てみたけど、近年改築した隣家、古い形のままだった)



[PR]
by hidaneko | 2016-09-15 19:51 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/25916570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週のたなくじ おかしなレシピ >>