今日のタナ猫@どろぼう猫

お尻に火がついてる、ひだまりねこ。
日曜日に絵本について話してくれと言われてて
まだレジュメができていない。
気ばかり焦る。

でも、今朝でかけた帰りに寄ったスーパーで生きのいいイワシを発見!
形のいい大きなマイワシ1匹60円は安い。昨今、イワシも値上がりしてるからね。
ひとり当たり2匹ずつ〜、と喜んで6匹360円で買って帰った。
梅煮にするつもり。

いつもは適当に煮てるんだけど、ふとした気の迷いで
クックパッドなど見てみた。
「臭みナシ!骨まで柔らか!鰯の梅生姜煮☆」ですとさ。(こちら
別に骨まで柔らかくならなくていいけど、煮汁の分量を参考にした。
そして、どうせだから、レシピ通りに作ってみた。
うん、早い時間だけどね、煮ちゃえば、あとの時間は自由に使える。

頭と腹を取り、たて塩で洗って、酢水で下煮。
そのあと、煮汁をすてて、新たに分量の酒、みりん、醤油、梅、生姜で煮る。
f0016892_1581692.jpg
こんな風に、アルミホイルで落としぶたをして、ね。

レシピでは20分煮るとあるけれど、下煮で柔らかくなっているし
あと、5〜6分も煮たらいいだろう。
待っている時間ももったいないから、弱火にしてキッチンタイマーをかけ
隣の居間で、パソコンで仕事をしてた。

突然、ガタンッ! と物音。

ん? タナ猫に取られるようなものは台所に置いてないぞ。
副菜の切り干し大根の煮付けは、鍋に入れて蓋をしてある。
同じく副菜の、厚揚げのサンショウ味噌焼はトースターの中。

でも、タナ猫がなにをやらかしたのだろう??と気がかりで
台所に行ってみたら、足元になにやら、柔らかいものが。

あれ? イワシの下ごしらえのとき、何か落としちゃったかな?
と、つまみあげて見たら、煮えたイワシの身が一片。

や〜だ〜! とあたりを見回したら、
裏玄関のたたきに、イワシが一匹!
脇で、タナ猫が、今まさに、喰わんとするところ!

「タナ! ダメ!」

取り上げて、タナの頭をペチンと叩いたけど。
ん? でも、イワシはまだ煮てる途中。タイマーもまだ鳴らない。
まさか! でも、ひょっとして・・・・?
と、アルミの落としぶたをはぐってみたら、イワシが5匹しかない。
f0016892_15273092.jpg


はい、食いしん坊タナはガス台に上がり、火がついてる鍋からイワシを盗みました!
信じられない〜〜!!

ひとり2匹のイワシ、わたしは1匹でも構わないけど
タナ猫よ、梅煮などしょっぱくて酸っぱい物を食べちゃダメでしょ!

ほんとに、まさか、煮てる途中の魚を盗むとは思ってもなかったわ。
飼い主の名誉のため言っておきますが、餌はちゃんとやってるのよ!




     ・     ・     ・     ・     ・

早めに夕ご飯の支度を終え、
図書館から予約本が来たというメールをもらったので
取りに行くついでに、銀行やマツキヨなど用事を足して帰ってきたら
Gサンが母屋に来ていて、夕ご飯を食べ終わったところだった。

で、
「魚を煮てたらタナ猫が一匹取ったの」と伝えたら、Gサン、
「そりゃ、そうだろ」と、元からわかっていたような返事。
「火にかかって煮えている鍋から、よ」と、わたし。
「なんでも取るに決まっているだろう」と、鼻で嗤うGサン。

むかっ腹が立った。
知ってるのだったら教えてくれればいいのに・・・と思ってしまった。
どうせ、Gサンだって知らなかったのだ。
あの人は魚を煮たことないから。
火にかかっていた鍋から取られたこともないから。
だけど、前もって知っていたかのように話す。
わたしの無知を嗤い、自分を上に立たせようとする。
意識してか無意識のうちなのか・・・
こういうのに、わたし、腹が立ってしまうのだ。

「へえ、すごいなあ、タナは。油断も隙もないね」
と、一緒に驚いてはくれない。
なんとなく、わたしは、そういう反応を期待してたのだ。無意識のうちに。

胸の中がどんより灰色になる・・・
Gサンに言われる前は、このタナ猫の偉業を笑い飛ばす気持ちだったのに。

ふたりで、タナの頑張りとわたしのドジを、あはははと笑って、
笑い飛ばせたらいいんだけどな。無理だね。
[PR]
by hidaneko | 2016-05-11 15:08 | ね こ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/25220052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 楽しい話をしよう グリムズに来客 >>