モグの不調とタナ猫

モグの不調が続いている。
この2年ほどはうまく調節できていたのに。
仕事を休むこともあり、土日はべったり寝てることもあったけど。
36時間活動なんて眠れない日や、真夜中に起きていたり
逆にトイレにもいかず食事もせずに寝てる寝過ぎの日もあったけれど、
1週間で見ると辻褄が合う感じで、まあそれでもいいと思ってた。
この4月になってからのように、イライラしたりジリジリしたりはなかった。

「頭がいたい」という。
本当はいけないんだけど、手持ちのロキソニンと胃薬を分けてあげる。
わたしは、酷い頭痛と肩こりで鎮痛剤を処方してもらってる。
ロキソニンと、カロナールを交互に。少しならわけてあげられる。

それでも、モグの頭痛は消えない。
そういえば、わたしもかつて、めちゃくちゃストレスが来たとき
日に3度ロキソニンを飲んでも効かなかったことがある。

せめても、と首や肩にモーラステープを貼って、コリをほぐすように。
でも「頭が痛いィ〜〜」と訴えるモグ。

昼前、階下で仕事をしていたら、ドンドンと音がした。
ガラスを叩いている音?
モグの寝ている布団の脇には、縁側との境の障子戸がある。
上半分は桟と紙で、下半分が曇りガラス。
多分、そのガラスを叩いているのだろうと2階に上がると、やっぱり。

モグはイライラして、拳でガラスを叩いていた。
「やめようね、ガラスを叩くのは。壊れて怪我をすると悪い」
そっと、言う。
「つらいよね、つらいよね」
そういって、モグの頭を撫でる。そっと撫でる。
以前は髪の毛にも触られるのを嫌がったことがあるから、そっと、そっと。
まるで小さな子どもにするように・・・

モグはガラスを叩くのをやめて、こっちを向いて泣き出した。
おいおい泣き出した。大粒の涙が頬を伝う。枕に落ちる。
「泣いていいよ、泣いていいよ」と、タオルハンカチを渡す。

「ハハの手は冷たいけど、頭に乗せていい?」
そっと、おでこに手を当て、冷やしてあげる。
「大変だよね。モグは頑張ってる・・・・」

枕元に、空のグラスがあった。2つ。
「お酒、飲んだの?  昨日の夜?」
「さっき、飲んだ」
「昼のお酒はやめようね。飲んでも眠れないんだし
薬の副作用が出たり、アルコール依存症になると悪いよ」
「うん」

4月1日に受診して薬が変わって
8日に急患で予約して緊急受診。
でも、薬は追加では出なくて、様子見ということで。
今週の金曜日、15日が予約日だけど、
それまで持つのか、モグは不安がっている。

幻聴や幻視があるのかどうか、モグが言わないからわからない。
でも、「やりたいことがあるのに、できない」と嘆く。
「郵便局も行きたいのに・・・」
4月に入ってから10日あまり、ぐずぐずと布団にもぐりこんだり
イライラしたり・・・

タナ猫を呼んで、モグの布団に乗せる。
「撫でてね。しっぽ引っ張ってもいいよ」
「うん、癒される。でもタナ汚いね。洗いたいね」

少ない薬に慣れるしかないのだろうか。
慣れることができるのだろうか。
徐々に減薬していくのなら、まだ慣れることもできるだろうけど。
プッツンと打ち切られた薬、酷だよね。
必要な人に、必要な薬を、出してもらえるといいんだけど。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-12 19:28 | かぞく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/25126965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴき at 2016-04-13 17:46 x
それはきついですね…私、多分暴れる。ひどい!
Commented by hidaneko at 2016-04-14 14:01
>ぴきさん

コメントありがとうございます。
なんともはや・・・です。
普通の生活をしたいだけなのにね。それが難しい。


<< 今日のタナ猫@ガーゴイル、はみ... 今日のタナ猫@汚れ放題 >>