しつこくてすまん・糸井氏の発言から思ったこと

The Huffington Postの記事から
“糸井重里さん、NHKの震災特集に苦言
「こういう撮り方にはならないんじゃないか」”

これを読んで、昨日、引用したほぼ日の記事こそ、「誰に向けて、誰のために、何のために、何に向かって」書かれたのだろう、とひだまりねこは思ったのだ。

長くなるから、Moreにしました。




     ・     ・     ・     ・     ・
以下、The Huffington Postの記事から引用
The Huffington Post | 執筆者:HuffPost Newsroom
投稿日: 2016年03月12日 19時23分 JST 更新: 2016年03月12日 19時23分 JST
コピーライターの糸井重里さん(67)が3月11日、NHK総合テレビ「特集 明日へ」に生出演した際に、番組の演出について「こういう撮り方にはならないんじゃないか」などと述べ、被災地報道のありかたに疑問を呈した。

「明日へ」は2012年から続いている特集番組。3月11日を含む複数日にわたり、被災地の声や応援メッセージを生放送で紹介している。2016年は東日本大震災から5年目。糸井さんが指摘したのは、午後10時台の企画の時だった。

企画は冒頭、青森県や岩手県の津波被災地の現在の様子を、マイナー調のピアノのメロディーなどとともに紹介。伊東敏恵アナウンサーが「岩手県洋野町では、ウニの子供“稚ウニ”の栽培施設が全壊。600万個が流出しました。その栽培施設は、いち早く復旧。ウニの漁獲量も震災前の8割程度まで回復しています」などとナレーションした。

コメントを求められた糸井さんは、「変なことを言うようだけど、この音楽で、8割が復興したという話をされても、2割の悲しみしか伝わってこない。悪いけど、こういう撮り方は、地元の人はやめてくれと言っている。ナレーションにしても、(暗いトーンではなく)普通に言えることがあると思う」と、演出に苦言を呈した。

番組に出演していた伊藤アナが、自身がナレーションを担当したことを明かすと、糸井さんは「本人を前にしてあえて言うけれども、5年経って、(町の人が)この街を撮ってくれって言ったときに、こうはならないと思うんですよね。もちろん、悲しい部分は残っている。まだまだの部分は残っているんだけど。3月11日の追悼の日だから祈る気持ちがあるけれど、全部をその文脈に入れてしまったら、『ここまで来た』と喜んでいる人たちの表情が見えてこないんじゃないかな」とコメントした。

翌12日、同番組の朝の企画で再び糸井さんと共演した伊藤アナは、「おはようございます。元気に挨拶してみました」と登場。前日の番組で「糸井さんにダメ出しされた」と紹介した上で、「毎回、この番組を担当している。誰に向けて、誰のために、何のために、何に向かって、長い時間全国で放送するんだろうと考えた」と告白した。

共演していたNHKの解説委員・柳澤秀夫さんは、「テレビ局の、出す側の自己満足ではないかという感じがしなくもしない。『もう80%復興した』と伝えるか『まだ80%しか復興していない』と伝えるかで、数字の持つ意味が違ってくる。僕らニュースを伝えるほうも、『まだ、ここまで』っていうふうに、全て否定的に捉えてニュースにしている、そんな気がする。自戒の意味を込めて」などと話した。

他の共演者から「報道も復興しないとダメだと思う」などの意見が出ると、糸井氏も「言葉の問題は、でかいと思う」と声を揃えた。

(この記事のあとに、リンク先には、被災地の現状のスライドショーあり)
(引用文中のアンダーラインはひだまりねこによる。)引用ここまで


昨日に続いて、糸井氏の文言を引いているのだけれど、

問題のこの番組を、わたしはラテ欄で見て「あ、糸井氏もでるんだ」とさらりと流して、番組自体は見なかった。見たくなかったのだ。
震災報道について、糸井氏の言わんとすることはわかる。一部同意もする。「この音楽で、8割が復興したという話をされても、2割の悲しみしか伝わってこない。」と。確かに、震災関係の特集では(日常のニュースに組み込まれた物は見た)沈痛な面持ちで語るナレーションが多いように感じた。(だから特番も見たくなかったのだが)

普通に読んで、聞き手が「もう…」なのか「まだ…」なのかを感じ取ればいい、とわたしは思う。でなければ、「8割近く復興」のニュースは明るく伝え、「一方まだ復興してない2割もあります」と、両方を同じように伝えればいいと思う。「8割近く復興」だけを伝えられたら、それこそ、地元のまだ復興してない人たちは「これは違う」と怒るだろうと思う。

昨日、取り上げた福島第一原発の、ほぼ日の記事は、明るい面だけを強調していたと思う。
こんなに線量が低くなった。施設内には自販機もある。最悪の事態にならなくてよかった……等々。
「視察するにせよ、作業するにせよ、場所と状況によって、どうするべきかということが、科学的に管理されている。」ともあった。
昨日も、わたしはいくつかの「?」マークを書いたけれど、汚染水の処理はまだ未解決でダダ漏れ。だいたい炉心がどうなっているか探索するロボットさえ、高線量でお陀仏になったと聞く。廃炉が技術的に難しくて工期がかかる、という以前に、廃炉の工法さえ見つかっていない状態。科学的に管理されているとは言い難いと思う。
……これらを、ほぼ日の記事(こちら)はすっとばして、「たしかに、福島第一原子力発電所は、思いがけないほど「土木の現場」だった。」などと書いている。ミスリードではない?

上に引用した伊藤アナの「誰に向けて、誰のために、何のために、何に向かって」という言葉。わたしは、ほぼ日の記事にも同じ疑問を感じたのだ。
「誰に向けて、誰のために、何のために、何に向かって」書いた記事だったのだろう。
[PR]
by hidaneko | 2016-03-14 09:32 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/25043713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NEWSWEEK日本版より 今週のたなくじ >>