憤り

いま、むかっぱら立っているから
どうやって 自分をなだめようかと思ってるところ。

仕事をしようと思ったけど、気分を集中できないし
いっそのこと、と、掃除を始めた。
フローリングの部分、階段から台所、三畳、
箒で掃いて、クイックルワイパーで拭き取って

ついでに、洗濯も。
自分のとモグのだけ。
バスタオルやパジャマも出したから結構な量ある。

足音は忍ばせない。
寝てる人がいても関係ない。

タナが、わたしの後先になって家中走り回ってる。
やっぱり、わかるんだな。
さっき、アルバム「生きていてもいいですか」の冒頭の2曲を大音量で鳴らしたし、
仕事にならないとわかった時、デスクをドンと両の拳で叩いたし。
(傍にいたタナ猫が、びっくりして部屋から飛び出した、文字通り飛び出した)

え? 手? 痛いですよ。もちろん。



     ・
     ・
     ・
わたしは今日、ガンガンに働いていた。
来週末までの仕事、気乗りがしない仕事
昨日はサボったから、今日は自分に鞭当ててた。

お昼も、モグが寝てたから「昼食は各自で」と
卵を茹で、ツナマヨのオープンサンドと野菜ジュースでそそくさと済ませ
また机に向かっていた。
台所では、塩豚を白菜を煮つつ、
タイマーかけて15分おきに、鍋の様子を見に行って。

仕事にめどがついてきて、台所で豆のサラダを作って、
そうこうしてるうちに、塩豚と白菜もいい感じに美味しくなったし
寒くなってきたので、風呂にお湯を張った。
クナイプのオレンジ・リンデンバウムを入れて、ゆっくり温まるつもりで。

とっぷりと、顎まで湯船に浸かりながら……、
「寒くなったので、ちょっと早めだけどお風呂にして、
お先に入らせていただきます。
午後4時半からだから、8時半くらいまで保温がされてるはず。
モグは寝てるので、お風呂はつけておきてください。
よろしくお願いします」
……と、Gサンあてのメールの文面を考えていた。

そこへ、Gサンが母屋に来た音が聞こえた。
居間に行くかと思うと、Gサンの寝室の方へ行く音が。
「ああ、夕寝にきたのか、起こさない方がいいな」と考え
メールは止めて、連絡黒板に「お風呂16:30〜」と書いた。
これは我が家の連絡方法。
「お風呂が沸きました」の時間を書いておけばわかるでしょ。

風呂上がりの足にプロペトをぬったり、髪を乾かしてる時、
ほこほことあったまって、湯上りのいい気持ちだった。

しばらくして、Gサンが風呂場の戸を開ける音がした。
「ああ、目が覚めて、お風呂に入ったのね」と
軽く考えて、たまたま黒板を見たら
「なぜ知らせない!」と、墨跡(っても白墨だけど)濃く書いてあった。
怒りを含んだ殴り書きの筆跡で。

モグの筆跡じゃない。たぶんGサンだろうと思い、
風呂場の戸越しに
「黒板に書いたの、あなたですか?」と静かに聞いたら
「なんで知らせない!」と、怒声。
「はあ?」 わたしは意味がわからなかった。
「いつもはメールで知らせるだろう?」と、怒声。
「それは、あなたが母屋にいなくて、
外出してるのか隠居所にいるのかわからない時です。
今日は母屋にいて、寝てるみたいだったから起こしちゃ悪いと思って」
「メール寄越せばいいだろう!」
「部屋の電気が消えてたので、メールの着信音で起こしては悪いと気を使ったのですが?」

理不尽な言いがかりだと思った。腹が立った。
メールしなかった、といっても、黒板に書いておいたのだから
それを見れば、風呂が沸いているって、わかること。

怒っている奴は放っておいて、わたしは仕事部屋に。
でも、ぜんぜん気が乗らない。で
♪ うらみま〜す〜 うらみま〜す〜♪ と歌い

♪一人で泣くとなんだか自分だけいけなく見えすぎる
♪冗談じゃないわ世の中誰も皆同じくらい悪い〜、と歌い(笑)

それでもこの気持ちが収まらずに、机をドン!と、相成ったわけ。

ヤツは、風呂を上がると、寝室へいって電気を消した。
寝るのか、わたしが居なくなるのを待って、わたしが用意した夕食を食べようというのか。

アリさんの言うように、気持ちを切り離そう、と、わたしは掃除洗濯。
ひとしきり働いたあとは、気持ちの切り替えができた。

でも、デスクに向かって仕事をする気にはなれない。
ようやく、重い自分の尻を叩いて、やる気を出したところだったのに
こんなことで気持ちを傷つけられて、もう、やりきれない。



整理して考えれば、簡単なことなんだ。きっと。

あそこで、奴の怒声に乗せられず、というか、
奴の怒声に傷つけられず、平城死んで(ったくことえりっておバカ)
平常心で、ふつうに応対できたらいいんだけど。

こっちで、メールの文面を考えていながら
メールしなかった、そこを奴に突かれたのが、
よけい、わたしが傷ついた原因かも。

でも、たぶん、メールしたら
「そんなことで起こすな。
黒板に書いておけばわかる」とか言われるんだろうな。

どっちにせよ、メールしなくても、メールしても
奴は、奴の気分で怒るのだろう。

前に、お風呂のことでメールしてたときモグが言ったんだ。
「『どうせメールは、風呂かご飯ができたときだ』と、父が言ってた」と。
「なんか、『そんなことでメールをよこすな』っていったわ」

たしかに、わたしは、ゆうご飯の準備ができたときメールしてた。
「夕ご飯の支度ができました。いいときにどうぞ」って。
それは、ヤツが、どこにいるかわからないから。
隠居所にいるのか、外出してるのか、わからないから
家の中でメールしてるんだ。

良かれと思って、気を使っても、うるさがられたり、怒られたり。

今日は、わたし、気持ちを鎮めるため、掃除洗濯をした。
音をひそめることを、しなくて、ふつうにドタバタ音を立てて作業した。
たぶん、ヤツは「なにを怒っているんだ、不愉快だ」と思ってる。


カサンドラ症候群;カサンドラ情動剥奪障害;カサンドラ愛情剥奪症候群

別に、もう愛はないけど、
ふつうに気を使ってるつもり。
モグに対してもするように、寝ていれば起こさないようにしよう、と思うし。
そうやって、気を使うことは必要ないのだろうか。

気を使って、ヤツに怒られて、こっちも腹をたてる。
すると、ヤツの中では
「なんか知らないが、ひだねこが怒ってた。
ひだねこは、周期的に、年に何回か、怒るヤツだ、怖い」
と、なるらしい。

原因は、あ・ん・た、なんだけどね!
[PR]
by hidaneko | 2016-01-09 19:54 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/24849100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週のたなくじ 今日のグーグルのロゴがオオカバマダラ >>