障害児は胎内で殺されるべきものなのか

まずは、これを読んで欲しい。
魚拓とらなくて、勝手にコピペで、すまん。

__________
障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言

酒本友紀子2015年11月19日03時00分

茨城県の教育施策を話し合う18日の県総合教育会議の席上で、県教育委員が障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話すなかで、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」と発言した。

 発言したのは、今年4月に教育委員に就任した東京・銀座の日動画廊副社長、長谷川智恵子氏(71)。発言を受け、橋本昌知事は会議で「医療が発達してきている。ただ、堕胎がいいかは倫理の問題」と述べた。長谷川氏は「意識改革しないと。技術で(障害の有無が)わかれば一番いい。生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などとした。

 会議後の取材に、長谷川氏は出生前診断の是非などについて「命の大切さと社会の中のバランス。一概に言えない。世話する家族が大変なので、障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」などと話した。

 橋本知事は取材に「事実を知って産むかどうかを判断する機会を得られるのは悪いことではない」とし、長谷川氏の発言に「問題はない」と話した。(酒本友紀子)
__________


その後、批判を受けて、前言を撤回したという。

__________
障害児の出産めぐる発言を撤回 茨城県の教育委員

2015年11月19日18時43分

 茨城県教育委員の長谷川智恵子氏(71)が18日に開かれた県総合教育会議の席上、障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話すなかで、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言したことについて、長谷川氏は19日、撤回するとのコメントを発表した。

障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言
 コメント(全文)は以下の通り。

 この度の私の総合教育会議での発言により、障害のある方やご家族を含め、数多くの方々に多大なる苦痛を与えましたことに、心からお詫(わ)びを申し上げますとともに発言を撤回させていただきます。

 言葉足らずの部分がありましたが、決して障害のある方を差別する気持ちで述べたものではありません。反対に、生徒さん達の作品を拝見し、多様な才能をお持ちでいることも理解しており、美術の世界で、もっとお手伝いができるのではないかと思いました。また、生まれてきた子どもたちの命は全て大切なものであると考えております。

 今後は、教育委員として今まで以上に研鑽(けんさん)を積み、よりよい茨城の教育の推進のために微力ながら力を尽くしてまいりたいと考えております。
__________

__________
障害児出産発言、茨城の教育委員が撤回 「配慮足りず」
酒本友紀子、仲村和代2015年11月20日06時49分

 18日に開かれた茨城県総合教育会議で「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言した県教育委員の長谷川智恵子氏(71)は19日、「障害のある方やご家族を含め、多くの方々に多大な苦痛を与え、心からおわび申し上げます」とのコメントを出し、発言を撤回した。

 長谷川氏の発言を「問題ない」などと話していた橋本昌知事も同日夜、「私の発言が障害のある方々あるいは関係者に苦痛を与えたとすれば、誠に遺憾」として、自身の発言を撤回する談話を発表した。

 長谷川氏は東京・銀座の日動画廊副社長。19日の取材に対し「配慮が足りず言葉足らずだった。障害のある人を差別する気持ちで述べたものではない」と話した。一方で、「(特別支援学校の)生徒さんたちの作品を見て、多様な才能があると理解した。美術の世界でお手伝いができればと思う。失言で迷惑をかけたが、茨城の国際化や美術・文化の振興をするために頑張りたい」などとして、教育委員を続投する意思を示した。

 県庁や県教育委員会には19日夕までに電話やメールで100件超の意見が寄せられた。「障害者や家族が不幸だという思い込みや偏見がある」「教育委員をやめるべきだ」「知事が擁護するのは問題」など、長谷川氏や橋本知事に対する批判的な内容が多かったという。

 ツイッター上では、「優生思想の正当化だ」「親が大変そうだからというなら、負担を減らすために社会ができることを考えるべきでは」といった批判のつぶやきが相次いだ。「五体不満足」の著書がある作家で東京都教育委員の乙武洋匡さんもツイッターに「私も生まれてこないほうがよかったですかね?」と書き込んだ。

 脳性まひの当事者である長野大学の旭洋一郎教授は「私たち障害者とその家族は、絶えず『かわいそう』『家族や社会の負担になる』という形をまとった優生思想によって、自分自身を否定される恐ろしさに脅かされながら暮らしている。世間にそのことを知らしめることに力を尽くすのが、教育委員という立場のはず。撤回すればいいというものではない」と話した。(酒本友紀子、仲村和代)
__________



ニュースの時刻を見ると、まあ、素早い対応ということになるのだろうが
「一旦、歯の垣根を出た言葉は取り戻せない」という。
最初の発言が、この人の本音だと思う。

>「(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」
これって、まったく経済優先じゃない?

>「世話する家族が大変なので、障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」
これって、世話するのが大変かどうかなんて、家族が決めることだと思う。

>障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい
これって、胎児のうちに障害があるとわかったら、堕胎せよ、ということ?

吐き気がする。
あんた、何様? と言いたい。
というか、教育委員会の委員の言うことか?

障害のある人もない人も、同じように暮らせる社会を作っていくべきだと思う。
けど、ハンデがあるから暮らしにくい、障害があるから差別される…これが現実。
だったら、障害者について理解を促し、差別しないよう教育するのが筋。

また、
>「(特別支援学校の)生徒さんたちの作品を見て、多様な才能があると理解した。美術の世界でお手伝いができればと思う」
これって、多様な才能があるから、理解した(=生きててもいい)と、受け止めちゃうんですけど、わたし。

障害者にだって、才能のある人と、ない人がいる。
健常者、定型発達の人にだって、才能のある人と、ない人がいるのと同じに。
どんな子、どんな人だって、その人なりの幸せを目指せるように、育んでほしい。


いちいち、つっかかってて、すまんが・・・
どうも、ひっかかるのよ。

今回の、
茨城県教育委員の長谷川智恵子氏(71)の発言を、私なりに要約すると
「障害のある子はかわいそうだし、親も大変だし、教育にも人手やお金がかかるし、だから、生まれないほうが幸せ。胎児の時に検査で障害の有無を判断して、障害があったら堕胎して、茨城県では障害児が生まれないようにしましょう。そのほうが経済的にも助かるし」って、言ってることだと思う。

「障害児は生まれないようにしよう」って
障害者やユダヤ人を劣等として虐殺したナチスと同じ発想じゃないか。
誰にだって生きる権利はあるのよ。

モグは精神障害者です。
親として、苦労もありました。今もあります。
だけど、この子を産まなければよかった、とか、死んで欲しい、と思ったことは一度もありません。
特別な才能はないけれど、大事なわたしの娘です。
かけがえのない娘です。
障害はないに越したことはない、確かにそうです。
だからといって、障害があるからこの子は要らない、なんて思えない。
まるごと、ひっくるめて「モグちゃん」です。
まるごと、すきです。


発言を撤回した時の言葉
>「生まれてきた子どもたちの命は全て大切なものであると考えております」
生まれてきた子どもの命、だけじゃなくて、まだ生まれてこない胎児の命だって大切なのよ。


アリさんが懐妊したとき・・・、
結婚してもなかなか子が授からなくて、
わたしは、晩婚でもあるし子供を欲しがらない夫婦、なのかとも思ったのだけれど
アリさんたちは、本当は子どもが欲しくて、いろいろと今時の技術をつかって、
ようやく懐妊できたの。
昔なら、無理だった、今時の医療をつかって、ね。

わたしは、それにはリスクが伴うと思ってた。
昔なら「神の領域」と言われるところに、今の医療は手を伸ばしてるから。
だから、自然に懐妊したときより、障害のある子が生まれる可能性も大きいと思った。
だから、「どんな子が生まれてきても、受け入れるよ」とアリさんに伝えた。
アリさんは、単純に「女の子でも男の子でも」と受け取ったらしいけど
もっと深い意味を込めて、わたしは言ったつもり。

生まれてきた子は、今のところ、障害がないように見える。
だけど、これからどうなるかわからない。
ほんとに、どうなるかわからない。
例えば、これから育っていく中で知的障害や発達障害がわかるかもしれないし、
例えば、精神障害を発症するかもわからないし
例えば、何か病気になって後遺症が残るかもしれないし
例えば、交通事故にあって、身体障害者になるかもしれないし
例えば、・・・・・
たとえ、どんな子であっても、どんなになっても、生を受けてきた命は大事。

すごく長々と書いてしまったけれど、
「障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」
この言葉、言葉通りに受け止めるとしたら、わたしもそう思う。
でも、「それは障害のある胎児を人工妊娠中絶して」ということではなく
障害を起こす可能性のある、化学物質や、公害や、原発などを無くすことによって、
健やかな命が生まれるような環境を整えていくと、という意味で。

追記:
どうやら、先の発言の女性は、教育委員を辞めるようですが・・・・
あの発言に共感をしめした県知事は辞めないのでしょうかねぇ。
[PR]
by hidaneko | 2015-11-20 22:17 | かぞく | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/24692106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼやっきー at 2015-11-23 18:49 x
まったくもってナンセンス
人としてどうなんだろうね

そんな奴らを野放しに出来る様なところに未来はないね

糞向かっ腹立ちますな
Commented by hidaneko at 2015-11-23 22:14
>ぼやっきーさん

わたしも、むかっ腹が立ちました。
だから、長々と引用し、長々と書いてしまったのだけれど・・・

でも、現実として、この教育委員のような考え方をする人って、
少なくないと思うの。
ほんと、障害者が生きにくい世の中であります。
Commented by くろねこぶんた at 2015-11-24 18:22 x
この発言も、
撤回のコメントの取って付けたような(と感じてしまった)
「生まれてきた子の命は全て大切」も、
知事の「苦痛を“与えたとすれば”遺憾」とか言うとこも、
もーーーがっかりなんてもんじゃなくて、
腹立ち通り越して言葉もありませんでした。

「偉い人」ってなんて遠いんだろう。
なんでこんな遠いんだろう。

って書いてたら、下の画像認証が
「7974(泣くなよ)」って励ましてくれたw
Commented by hidaneko at 2015-11-24 21:51
>ぶんたさん

まったく、やりきれない話でした。

>「偉い人」ってなんて遠いんだろう。
>なんでこんな遠いんだろう。

今回の件、偉い人にとっては、自分とは関係ない、
「机上の数字」なんだろうな、と思いました。
Commented by g-san1101 at 2015-11-28 12:48
お書きの通りだと思います。
生まれくる子のことを当事者ではない方で発言できるのは産科医くらいではないかと思います。
教育委員は偉い人ではないと思います。知事さんはただ擁護しただけかもしれませんし、これでお辞めになることはないでしょう。仕事として背負っているものが違うので仕方がないと思うところもあります。
障害児教育が医学ほど進歩していないから、こんな話が教育委員から出てくるような気もしました。
Commented by hidaneko at 2015-11-28 16:23
>g-sanさん

コメントありがとうございます。

>障害児教育が医学ほど進歩していないから、こんな話が教育委員から出てくるような気もしました。

そうですね。障害児教育は儲からないから。
医学はまだ儲かる要素がある・・・って
やっぱり、この国は経済最優先という気がします。


<< 今日が予定日なのに@東京日記 蕎麦とミルフィーユ(あるいは、... >>