命名と、でたらめ歌@東京日記

名前は決まった。
生後すぐに決まったんだ。
11月2日に生まれて、9日がお七夜。
お七夜に命名するのがしきたりらしいけど。

「R君のところの、ひよ子のときは、Rが「命名」って紙に書いて、うちにも持ってきたけど?」
たぶん、3枚書いたのではないか、とわたしは思ってる。
自分ちにひとつ、妻(=母親)の実家にひとつ、そしてRの実家(つまり我が家)に一枚。
Rはたぶん、自分で書いたのでは?
中学生まで書道を習ってて、学生初段かな? わたしのような悪筆じゃない。

話しかけたわたしに、アリさんは、
「そういえば、この前、赤ちゃん本舗に行ったとき、そんな用紙が売られてたけど…。
特に興味ないし、通り過ぎてきた」と、あっさりしたものだ。

11日に出生届を出してきたという。
帰ってきて、父親(娘夫)は「これで晴れて日本国民だな」って。
もう、でれでれ。はい、親バカです。

このブログでも、いつまでも「赤さん」ではかわいそう。
長男だから、このブログでは一郎としておく。イッちゃんだ。

そのイッちゃん。
この間、若夫婦が要り用な物を買いに赤ちゃん本舗へ行っている間、バアバが預かっていた。
ほんの小一時間で帰ってくる、というので。

そのときに抱いてあやしながら歌った、でたらめ歌。
「イッちゃんの 子守唄」

♪イッちゃんは いいこ いちばん いいこ
 イッちゃん 「い」がつく いちばん いいこ
 イッちゃん いいこで ねんねしな〜♪(以下くりかえし)
                                          (すでにババ馬鹿である)




これは今日、作った歌。
赤さんを抱っこして、ゆうらり、ゆうらり、ゆすりながら歌う。
メロディは特にない。日本語のイントネーションそのままに気ままに歌う。

♪ イッちゃん ニィちゃん サンちゃん シーちゃん ゴーちゃん ロクちゃん ナナちゃん ハッちゃん キューちゃん ジッちゃん

イッちゃん いいこで ねんねしな
ニイちゃん ニコニコ ねんねしな
サンちゃん さわやか ねんねしな
ヨッちゃん 夜通し ねんねしな
ゴーちゃん ごろごろ ねんねしな
ムッちゃん むりやり ねんねしな
ナナちゃん 泣かずに ねんねしな
ヤッちゃん やっぱり ねんねしな
キューちゃん キュートに ねんねしな
トオちゃん とうとう ねんねしな〜♪
(うーん、うろ覚え。そのときの口からでまかせだからね)

ほんとに、まことに、ババ馬鹿である。
だけど、この間聞いた講演でも、赤ちゃんにはいっぱい話しかけなさい、って言ってたし、
その子を主人公にした作り話を話して聞かせなさい、と言ってたから
その子のための、作り歌も、まあ、いいじゃないですか〜?
[PR]
by hidaneko | 2015-11-13 23:51 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/24669691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パリのテロを聞いて@東京日記 寝相@東京日記 >>