棚猫来宅の経緯−7月8日

10ヶ月ぶりに我が家に猫が来た。
マイが星になったあと、飼うなら、保健所から、と思っていた。

本当を言うと、わたし、以前は、
「一生に一度でいいから血統書つきの猫が飼いたい」と思っていた。
例えばアビシニアンとか、ロシアンブルーとか、シャムとか。
だけど、次第に考えが変わってきた。
犬や猫の繁殖を商売にすることが多くの問題点があることや、
その陰で殺処分になる犬猫のことなど、知るにつけ。
そして、この絵本に出会った。「ペットショックにいくまえに

だから、マイのあとも、保健所から中年猫をもらってこよう、と思ってた。
(子猫から飼うと、これから15年、20年先を考えなくてはならない、
 自分たち夫婦の年齢などを考えると、果たして元気で生きていられるか…
 中年猫、5、6歳の子なら、私も猫の老後までは生きられるだろう、との考え)
そのため、保健所の動物愛護センターの飼い主のための講習も受けた。
でも、Gサンが「まだその気になれない」というので保留にされていたのだ。

そこへ今回の猫。
「迷子猫なんじゃないか?」と、Gサンがいう。
「状況からして、捨て猫だと思うけど?」と、わたし。
「確かめたらいいだろう」と、Gサン。
「電話一本で済むなら簡単だろう?」
簡単というなら、自分で電話してもいいだろうに、
Gサンは相変わらず、自分ではしない。言うだけ。

モグは、もうすっかり、我が家で飼えると思ってる。
他に飼い主がいてほしくない表情。
だけど、マイが迷子になった時のことを思うと……
飼い主さんは、きっと胸を痛めていることと思う。

マイが迷子になった時は、保健所=愛護センターと
区役所と、所轄の警察に届け出の電話をした。
今回、T井さんが猫を保護したのは、私たちが住むのとは別の区。
そんな場合、どうしたらいいか市のコールセンターに訊くと
やはり、まずは愛護センターに電話するといいという。

愛護センターに電話すると該当する迷子猫の届け出は出てなかった。
猫を知人から預かったいきさつ、もとはT公園で拾ったと伝えると
「T公園ですよね……、ちょっと待っててください」と職員の方。
他の方に電話がかわって……
「T公園は、問題がありまして、
猫に餌をやる人がいて、猫が増えすぎて、近所からも苦情が来て…」
少し前に、全部駆除したらしい。
拾われた猫は、そのあとに捨てられたのだろう、という。
「だから、そのまま飼われてもかまいません」

晴れて、この白黒まだらの猫がうちの子になる。

実際、この子、「ちょっと残念」なところの多い猫なんだ。
もし、5匹、箱に入って「ご自由にお持ちください」とあっても、
わたしなら、最初にこの子を選ばないと思う。

顔はキツネ顔。
ハチ割れみたいだけど左右対称じゃなくて、残念!
f0016892_22882.jpg

口の脇に、我が家で「あんこなめ」と呼ぶ黒い斑。残念!
おまけに、ハムテルのいう「口のゴムパッキン」にも黒い斑。残念!
f0016892_2265677.jpg

耳の後ろにも、黒いマダラ。
まるで小学生のいたずら坊主が習字の時間に筆を振ったみたい。
最初、汚れかと思って洗ったけど、落ちなかった(笑) これも残念!
f0016892_2221658.jpg

しっぽは長くて、わたし好みだけど、手で撫でると微妙に曲がってる。残念!
鳴き声が「にゃあん」ではなくて、「にゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と長い。
まるで「長鳴き鳥」みたいだね、と話してる。(時としてうるさい、残念!)

だから、たぶん、憶測だけど……
飼い猫に子猫が生まれて、子猫は可愛いし、しばらくは飼っていたけど
2、3ヶ月になって、そうそう飼ってもいられなくなり、
一番、不器量なのから捨てられた?

だけど、びっくりしたことに、トイレをちゃんとやる。
(やりっぱなしだったマイとは違い、盛大に砂をかけまくる→砂が散らばる)
人が好きで、人懐こくて、すぐ膝に乗ってくる。
(抱かれるのが嫌いだったマイとは大違い)
そして、盛大に、ごろごろ、ごろごろ、喉を鳴らす。
(小さな体でよくこんな音がでる、と思うくらい)  

猫風邪もひいてなくて、
盛大に食べて、出して、育ってる。

血統書付きでなくても、毛皮の色が微妙でも
しっぽが曲がってても、しっぽがなくても
どんな猫でも可愛い〜!のだ。
ご縁があって、我が家にきた棚、タナタナ。

たとえ、ソファーの上に置いた、わたしの帽子の上に寝ても。
f0016892_22191329.jpg

あー、なんて安心して、くつろいでいるんだろ、この猫。

あっ、特記しておかなくちゃ!
棚・タナタナが来て以来、Gサンの口数が増えました。
まず、猫には「おはよう」を言う。
わたしたちが「おはようございます」と言ってもGサン、
だまって頷くだけだったりするのにね。
頑なになりがちなGサンには、いい話相手ができたということだ(笑)
一番、恩恵に浴しているのは、Gサンだと思う。
[PR]
by hidaneko | 2015-07-11 22:21 | ね こ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/24237725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リバー at 2015-07-12 19:35 x
おめでとうございます
家族が増えて !!

良かったね
家族が増えて !!

私は困ったよ
涙で目も心もいっぱいだよ !!
嬉し涙で… \(^^)/
Commented by hidaneko at 2015-07-12 23:14
>リバーさん

コメントありがとうございます。
静かだった家が一変、活気付いています。
男の子だし、まだ幼いし、やることなすこと、
前に飼っていた老猫と違って、戸惑うことばかりです。

Gサンが一番喜んでいるんじゃないかしら。
口数が増えました。
Commented by ゆ~み at 2015-07-12 23:56 x
タナちゃんの寝姿、
たまりませ~ん。
可愛い!
お口まわりの黒の点々もご愛嬌。

家の相方も、トラ婆さんに先にご挨拶です。
私への挨拶かな?と思って、挨拶しようとすると、トラ婆さんに向いてました(笑)
Commented by hidaneko at 2015-07-13 08:18
>ゆ〜みさん
>私への挨拶かな?と思って、挨拶しようとすると、トラ婆さんに向いてました(笑)

思わず噴き出しました。
ああ、我が家だけではなかったのですね。
猫には人を和ませる不思議な力があるようですね。
Commented by くろねこぶんた at 2015-07-13 18:41 x
ひだねこさん、ゆ~みさん、うちもです(笑)
朝、顔を合わせてもうんともすんとも言わぬとーちゃんが
猫には「おはよう」って言ったりします。

猫って素敵。
それにしても、タナタナくんかわいいなぁ。
もう10年も住んでるみたいに、すっかりくつろいでる(笑)
猫って賢いなぁ。
Commented by hidaneko at 2015-07-13 19:46
>ぶんたさん

ああ、おとーちゃんもですか(笑)
ほんと、猫って素敵ですね。

タナは、驚くほど、人慣れしてます。
爪を切っても怒らないし、
口を、イーッと開いて歯を見ても、あばれない。
そのくせ、やんちゃで、元気です。
今日は網戸によじ登ったし、ドアにも登ろうとしてました。

>もう10年も住んでるみたいに、すっかりくつろいでる(笑)
>猫って賢いなぁ。

はい、すっかり「人を飼いならして」ます。


<< 自由と平和のための京大有志の... 棚猫来宅の経緯−7月7日 >>