コーヒーあれこれ

このところ、コーヒーに凝ってる。
去年、友だちに電動のコーヒーミルを貰って以来だ。

車でちょっと行ったところに、自家焙煎の美味しいコーヒー店がある。
豆の種類もさまざま、焙煎の深さも浅煎りから深煎りまで。
「こんな感じのが…」というと、豆のポットをあけて香りを嗅がせてくれる。

コーヒー豆は、だいたいが100g450円。
店で飲むカップは350円、その日のサービスは300円。
消費税が上がっても価格は据え置きの侠気。
数年前に店内禁煙になったのもうれしい。

元はと言えば、昔、バーサンが80歳くらいのとき、膝を痛め
近所の整形では「年のせいだから仕方ない」と言われたのを
ちょっと遠方の整形外科が膝が得意と聞いて行ったのが初め。
車でバーサンを連れて行き、バーサンがリハビリしてる間、
わたしは、その向かいのコーヒー店で待っていた、というわけだ。

でも、豆を買って優雅にコーヒーを楽しむゆとりがなかった。
介護生活では、もっぱらインスタントコーヒー。
たまに、その店で、挽いた豆を買ってきたことも有るけれど、
買いに行けないときはスーパーの缶入りの挽いた粉のコーヒー…。

それが、友だちにミルをもらってから挽き立てのコーヒーの味に目覚めた。
自慢じゃないけど、昔から鼻は良い方。いや良すぎて困るくらい。
それに、困ったことに、美味しい物好き。
そう、違いが分かる女なのだ。(笑

豆がグラム450円だとしても、10杯はとれるから1杯45円。
スタバも滅多に行かないし、外でお茶することも、ほぼない。
セブンイレブンの100円コーヒーも飲んだことはあるけど、旅先でなどだ。頻繁じゃない。
45円のコーヒーを、日に数杯飲んでも安い物だ、ということにしておく。

それに、美味しいコーヒーで気分よく仕事に励めるんだもん、ね。




日曜日定例の朝のお掃除が済んで、ついでに庭の雑草や枯れ葉も枝葉のゴミに出せるようしまつして、ほっとひといき。コーヒータイム。

朝はエチオピアだったから、こんどはコロンビア スプレモを楽しもうかな…と、コーヒーミルをガーっとしてたら、Gサンから声がかかった。
「コーヒー淹れるなら、おれにも」

はい、どうせ2杯分の豆を挽いてたから
「いいですよ」っと。

カップやドリッパー、サーバーを暖めて、
ろ紙を丁寧に畳んで……
新しく湧かしたお湯をポットに移して、粉に最初にお湯を落とすときはやはり少し緊張する。
粉がいい具合に膨らんでくるのを、微笑みながらみつめて、次のお湯を注ぐ、ほそく、ほそく…。
頃合いを見て、ドリッパーを外して……

うん、今日のコーヒーは美味しくできたぞ。

で、どうぞ、とGサンに差し出す。
「これはコロンビア・スプレモ、香りが良くて美味しいですよ」と。

そしたら、Gサン。
「うん、香りがいいな。セブンイレブンのに引けを取らない」
「そーですねーー(棒読み)」と、わたし。

がっくりくるよ。
前に、気合いを入れてシメサバを作ったときに、回る寿司のと比べられた時くらい、がっくりした。

「ちょっと濃いな」
「そうですかー」
すっきりと、飲みやすくできたと思ったのにな。

あー、お湯で薄めるなんてしないでね、と思いつつ、見たくないから居間を出る。
その背にかぶせるように
「これは、買ったのか、もらったのか?」
「豆は買いました。コーヒーミルは友だちにもらいました」

ヤツにコーヒーを淹れてやっても、たいていカップに半分のこすんだ。欲しいというから淹れてやっても残す。
味も香りも分からないみたいで残すやつに、もったいないから、あまり淹れてやりたくないんだ。
ふう~。(わたしって、やっぱり、けち?)
[PR]
by hidaneko | 2015-04-20 19:09 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23921881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 辺野古基金 貧者の一灯でも… 今週のたなくじ >>