洋ラン展に行ってきた

世界の洋ラン展へ行ってきた。
Gサンが「チケットを二枚貰ってきたので行かないか」と誘ったのだ。

実を言うと、Gサンとのドライブは苦手だ。
気を遣うからだ。
(過去にも、こういうことが、こういうことになった経験が…。
しつこく覚えているイヤなやつみたいだけど、トラウマになってるのよ)

でも、せっかく向うから和解の手を差し伸べようとしているのを
断ったら、また角が立つ。
これまでの何度もの経験で身にしみている。
Gサンは、自分の好意を無にされると激怒する。
予測と違うことが起こるとパニクる、アスピーの特性と関連があるかも。

さて、前置きが長くなりましたが……
行ってきました。洋ラン展。
f0016892_10505691.jpg
こんなのや
f0016892_10513226.jpg
あんなのや
f0016892_10524633.jpg
そんなのや
f0016892_1054842.jpg
見事な花のアーチもあったりして。だけど、ふと見たら……
f0016892_10551329.jpg
これ
f0016892_10573831.jpg
ポットが太い釘で打ち付けてある…
f0016892_10561274.jpg
これも…
立体的に飾られた洋ランたちは、みんな釘ぶつけされていたの。

洋ランは、着生植物が多く、木の枝などに自生すると聞く。
胡蝶蘭を育てている知人もミズゴケで育てている。
根っこがはみ出したって平気なんだって。
それは分かる。
だけど、太い釘を打ち込まれて、ポットの中の根は傷つかないのだろうか。
見ながら、そんな事を思ってしまった。
(もし、これが目立たない針金などでくくり付けてあったら、
これほどドキッとしなかったと思う、
くすっと笑って「楽屋が見えたわ」と思うくらいのもの)


このイベントは誰とかさん*の企画と
テレビのローカルニュースでやっていた。
華やかで、前に見たちゃちなのとは違って、ほんとうにみごと。

だけど…
このイベントが終わったら、この沢山の洋ランたちはどうなるのだろう。
取り外して、また別な場所で、同じような企画に使われるのだろうか。
それとも、使い捨てで、廃棄されてしまうのだろうか。
そんなことまで考えてしまった。

物扱い? いや、たしかにポットに植えられた洋ランは物だわ。
だけど、生き物でもある。
使い捨てではなく、イベントが終わったら釘を抜いて、
根の傷を癒し、環境のいい温室で育てられると良いな、と思った。
(そう、錆びた太い釘に気づいてから、あまり楽しめなかったの)

(*誰とかさん=加藤孝幸 Piece of Mind 代表、だそうです。HPによると)

帰り道……
f0016892_11766.jpg
白鳥の湖に寄り
f0016892_1181050.jpg
沢山の水鳥を見てきました。
ちょうどエサやりの時間が終わったところで、鳥たちは満腹して
まんぞくそうに、泳いだり、まどろんだりしてました。




実は・・・・・・

Gサンの運転がすごく怖かったの。
まず、坂の下の信号で、
ちょうど青に変わったのだけれど、
右から自転車が来てるのに気がつかないで、まっすぐ行こうとしたの。
「あぶない!」って、思わず叫んだら、ブレーキ踏んだけど
「おれは、危ない、って言うことばは嫌いだ」って……orz

そのあとも、速度が流れに合わない。
車間距離ずっとあいてるのに、40キロくらいで走ったり、
もう黄色信号から赤にかわっているのに(後続車なし)つっきったり、
黄色信号で、ほとんど急ブレーキみたいな感じで止まったり……
わたしの運転するリズムと合わなくて……なんか、こわかった。

あとは、会話は
「そうですね~」「そうでしたか~?」だけ。(笑)
何を言われても、話が飛んでも、「はあ、そうなんですか〜」
ひたすら、逆らわないように、気を遣いました。
そうしていると、機嫌が良く、色々話してました。一方的に。
(これもアスピーの特質。会話のキャッチボールが苦手)

・・・

行く前に、モグが
「帰りに日帰り温泉にでもよってくれば」って、
ネットを使って調べてくれたけれど
「父さんは、きっと面倒がると思うから、今回はいいわ」

「じゃあ、帰りにK寿司。回る寿司だけど美味しいところ」
「うーん」ちょっと気重なわたし。
「やっぱり、そこは、いつかわたし(モグ)と行こうか」
「じゃあ、B家のラーメン、あそこのチャーシュー麺たべたい」と、わたし。
「でも、父には自分のチャーシュー代は出してもらってね」と、モグ。

な~んて、会話がありまして、
色々と脳内では計画はしたんだけど
結局は、どこも寄らずに、
フラワーガーデンに隣接してる物産展で
Gサンの好物の漬物を3種類選んで買って帰りましたとさ。
(1袋540円のが3袋で1100円、っていうんだもん)


なんでそこまで、Gサンの御機嫌を取る?
と、言われそうだけど、向こうの機嫌が良いと、こっちも楽だから。
不機嫌風が吹くと、こっちも、ずず〜んと暗くなるからね。



あ、そうそう…
この間の諍い、そのまま。
(数字を上げての援助要請はまだない)
で、思ったんだけど、
もし、これが、小さな男の子だったら、
お祖母さんや、ときにはお母さんが
「まあ、足りないの? これあげるからね」って鷹揚に、
金額なんて聞かないでお小遣いをあげたり…も、あるかも。
と、思ったの。
そういうのを期待してたのではないか、と。
でも、ガキじゃないんだからねぇ。
[PR]
by hidaneko | 2015-02-26 20:09 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23722413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2月は逃げる 犬も食わない?・・・カサンドラ >>