久しぶりに〆サバを作った

昼前にスーパーに行ったら、
脂の乗ったころころの新鮮なマサバがあった。
「〆られます」と書いてある。
三枚に下ろしてもらったら、腹骨もすいてくれた。

だから、久しぶりに、
ほんとに、ひさ〜〜〜〜〜〜〜しぶりに、〆サバ作り。

帰宅後すぐ、こちらを参考に、塩を振る。
以前から参考にしようと、お気に入りに入れてたサイト。

・・・・・

1,三枚に下ろしたサバは、たっぷり塩を振り、2時間置く。
(お昼ご飯を食べたり、こたつで温まっていたら、3時間になった)

2,(1)の塩を、酢で洗い流す。

3,背骨のあった付近の小骨を抜く。
(料理用の大きな毛抜きを持っているんだけど、小骨がなかなか抜けなかった)

4,頭の方から皮を引く。
(これは、簡単にできた)

5,昆布といっしょに、酢でつけこむ。15分。
(前にわたしがやっていた方法は、酢に砂糖を少し入れるんだけど、今回はレシピ通りに酢だけで漬けてみた)

6,酢をキッチンペーパーで拭いて、ラップに包み、食べるまで冷蔵庫に入れておく。
(いま、ここ)

7,食べるときに切る。
(切り方は「八重造り」といって、皮目に切り込みを1本入れてから切ります)

・・・・・

しっぽの方を、少し切り取って味見したら
やっぱり、砂糖が入ってない分、酢が勝っている感じ。

いつも(といっても、そう度々つくるわけじゃないけど)
昆布は入れなくて、千切り生姜をすこしと、砂糖を少し入れてた。

さて、家族の評判はいかがなりますやら。

気分が落ち込むときは体を動かす。手を動かす。
美味しいモノをたべる。
うん、これらを満たそうと思っての、〆サバ作りでした。




・・・

酢で締めて、すこし置いたら
良い感じに馴染んで、わたしとしては
「美味!」
うん、そう酸っぱい感じはしなくなってた。

たまたま、早めに母屋に来て、
同じ時刻に食卓に向かったGサン
「いっぱいあるな」
「はい、大きなの1匹を3枚におろしてもらってわたしが〆ましたから。
2枚あったわけで、パックのだと1枚入りだけど」

美味しいと言ってくれるかな、と思っていたら
(いや、言うとは思ってなかったけど、どういうかなと思ってたら)
「△△△だと、270円の皿かな」

はっ?
“△△△”が、回転寿司の店名だと気づくのに一瞬かかりました。

「これ二切れで、180円の皿じゃなくて、その上の値段のかな」
うーん、そう来たか。ww

それって、ホメ言葉なの?
わたし、△△△は何年も前に、一度行ったきりだから分からないわ。
[PR]
by hidaneko | 2015-02-18 16:49 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23688687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< またもやカサンドラのことですみません 貼り紙の理由(モグの説・アスピ... >>