この気持ち、何なのだろう・・・

よく、沈んだ気持ちを表すのに
「鉛を飲んだような・・」という。

羽海野チカの「3月のライオン」で
「墨を飲んだような気持ち」という表現があり
羽海野先生は、ツイッターで「どんな気持ち?」と突っ込まれ
ご自分で、墨を飲んでみたそうな。

わたしの今の気持ちは何なのだろう。
鉛ほど、重くはない。
鉛って、放射線さえ遮るって言うものね。
このまえ、歯科で歯(歯の根?)のレントゲンを撮るのに
鉛入りのエプロンをかけさせられた。重かった。

どんより、灰色の、日本海の冬空の雲を飲んだよう?
昨日は、風が強くて、すっごい波が立ってた。
そのわりに、海は、青く濃い色だった。
灰色じゃなかった。空晴れてたし。

灰色の雲。
そう硬くはない。
でも、そう軽くもない。
中に過飽和の水蒸気をため込め
中に氷点以下の水蒸気をため込め
一瞬即発、雪が降る。

空の高いところで降るものは、雪、なんだってね。
それが、地上に落ちてくるあいだに
空気が温かければ融けて、雨になる。
温かくなければ、雪になる。
知床では、融けることなく結晶のまま落ちてくるとか。


会話がない。
会話したくない。

どうやっても「偉そう」とか
「お前の言い方が悪い」とか、
言いがかりとしか思えない事を言われる。
むずかしいから、寡黙になる。
ほんとは、わたし、会話が好きなんだけどね。

言葉を飲み込む。
飲み込んだ言葉は胸につかえ、灰色の雲となる、
[PR]
by hidaneko | 2015-02-16 00:22 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23677677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週のたなくじ グリムズの樹が大人の樹へ成長しました >>