よぼよぼ

実は、ここひと月ほど、膝がときどき痛んだ。
なにをしたつもりもない、
歩くときに、ギクッと痛みが走って
痛みをこらえて、しばし立ち止まる。
波が猿と、じゃなくて去ると、また歩ける。
そんなのが日に何回か。あるいは歩く度に痛んだり……

医者には行ってない。
数年前に行った時、加齢のせいといわれたし、
また湿布くらいだろうと思って。

鍼灸マッサージに行ったら、水が少し溜まっているみたい、と。
「重いものを持たないよう。重さが膝にかかるからね」と。

真っ直ぐ歩くのはいいみたい。正座もまあできる。
長時間立っていたり、急にひねったりすると痛む。
だから、皿洗いをするのはかまわないけど、皿拭きができない。
ほら、皿を拭いて、横をに置いて、あるいは食器棚に片づける。
体の向きを頻繁に変えるからね、
そのたび、膝にねじれが来る、痛みが出る。

で、昨日、今日と、手首に痛みが来たのよ~。
立つ時、膝をかばって、テーブルに手をついて立つからね。

手首は、私のウイークポイント。
主根管症候群とか、尺骨突き上げ症候群とかやっているから、
手首が弱いのだ。
いま、手首に湿布、とほほ・・・よぼよぼを感じる寒い夜。

   ・   ・   ・

年越しの仕事をかかえてて、どれも、ささいなことなんだけど、気になって
これを片づけなくては、気になって、
次のに手を付けられない…って状態だから、
でも、家のこととか、あるわけで……
朝寝して、呑気に散歩に要ったりしてるヤツも居るから

不公平感というのは
「自分ばっかり、割を食っている」と思うからなのよね。
昔々、戦後など、みんなが貧しいときは、
それが普通だから、自分だけ不幸とは思わなかった。
いま、豊かな階層と、貧しい階層の差が広がっているから、
不公平感で、みじめになる。

仕事もそう。
みんなが忙しく働いているのなら、
志気も上がる。自分も頑張ろうと思う。
自分だけ忙しくて、片方に、のんびりしてるヤツが居ると、
不公平に思える。イラついてしまう。

で、抱えているシゴトを整理する意味と、可視化する意味もあり、
ポストイットに書いて台所の黒板に張り出した。

職能集団に頼まれてる後進の指導、
J社の作文コンクールの選考、
カルチャースクールをどう計画するか、思考をまとめる、
1月の絵本のボランティアの件、

家事として……
二階の掃除(大掃除じゃなくて、中掃除でもなくて、ふつうの掃除、もうずいぶんしてない)
猫の破いた障子の貼り替え……
あ、年賀状もあったっけ、あわあわあわ……

お節は作らない。最小限の郷土料理だけ。
正月の飾りはしない。
いちおう、夫の兄の喪中だから…。
賀状は、仕事関係が多いから、
義兄の喪にふくすより、義理と営業で賀状は出す。

えーと、こんなところかな。
それを、足を引きずりながら、手首をかばいながら、
やるのだ~~~~~~~~~~~~~!

さ~て、どこまでやれますから~
[PR]
by hidaneko | 2014-12-26 22:52 | しごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23480395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自分へのクリスマスプレゼント 何かに使うのだろうか? >>