晩秋の晴れた日に

f0016892_15172123.jpg

マイのお骨を埋葬する。
この前の日曜日が四十九日だった。

「もう、いいでしょう」
そう言ったら、まだ未練がある様子。
「写真があるから、まあいいか」



いくつかの、こんがらがった事柄を、
ひとつひとつ、片付けて行く。
もじゃくじゃの毛糸玉をほぐすように。




午前中に、
マイのお骨を埋葬する前に
母屋の屋根に上がってザクロの徒長枝の剪定をして
マイのしっぽ(=壊死して断尾したしっぽ)を埋めたあたりにお骨を埋葬し、
市役所(区役所)の保護課に書類を持っていって相談し
ホームセンターに寄ってGサンの寝室の石油ファンヒーターを買い、
ついでに黄色と黒のシマシマのロープも買って帰り
30分昼寝して早めの夕御飯を作り(今日は鶏とキャベツの洋風鍋、ニンジン、タマネギ、エリンギ、シメジ入り)
通信のシゴトをする。(いまここ)

ザクロの剪定、しないと、電線の引き込み線にふれて、あぶないんだ。
今日が晴れてて良かった。

家事と、雑事と、事務仕事、そして自分のシゴト、上手くこなしていかないとね。
[PR]
by hidaneko | 2014-11-05 12:51 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23234216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 酔漢の戯れ言 ヒヨ子の七五三のあと、R君に相... >>