「家が貧しいから」と言えない貧困家庭の子供たち

こちら 弁護士ドットコム・ニュースより。
〈道具が買えなくて部活を辞める・・・
「家が貧しいから」と言えない貧困家庭の子供たち〉

子どもたちに学習の支援が必要、と説いているのだが
中で、気になる言葉、「そうなんだよね〜」と思う言葉があった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

貧困問題について、なぜ「子ども」への支援が大事なのか。宮本さんは次のように警鐘を鳴らす。

「若者にきちんとした教育や就労の機会を与えないと、知識やスキルがないまま中年になります。すると、満足な収入を得られる職に就けず、生活保護を受けるしかないような状況になってしまう。子どもや若者の問題というのは、社会の『アンテナ』と地域が、一丸となってこの問題に取り組まなければいけないという自覚がとても大切だと思います。

今後、貧困と孤立状態の中で安心・安全な生活ができない人が増えれば、たとえば、『繁華街の雑踏に若い女性が1人でいても危なくない』といった状態は失われるだろうと思います。つまり貧困や孤立の問題は、『自分の家庭が』『うちの子どもだけは』といった個人的な問題ではなく、日本社会全体の安全を左右する問題です」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いま、ちょっとそういう青年と関わっているのだ。
青年というか、もう成年というべきかな。
うちの娘より少し年上、でも、生活のスキルがない感じ。

正社員にもなれず、バイトや、季節労働で長続きしない。

役所などの書類の意味、提出するメリットが分からない、
難しい文面を読みこなせず、面倒だから放っておく。

老母が入院したとき、高額療養費制度の説明を受けたらしいが
面倒で手続をしなかったため、払いきれない金額を請求されて
生活に困って……結果、生活保護を受けるようになったのだけれど。

バイトをしたけれど短期間で辞めて、給料を払ってもらえてなかった。
そのことで(収入があったから)と、生活保護の金額を減らされてた。
雇い先が「支払った」と言ったらしい。ほんとは貰ってなかったのに。
なぜ減らされたのか、彼にはその意味がわからない。

(生活保護は、市町村によって、受給者の年齢や家族構成などで保護費の金額(何万円とか十何万円とか)が決まっている。
これは案外知られていないことなのだが、もし保護費の他に収入があれば、その分が引かれる。例えば年金を貰っていたら、年金の額を引かれて、合計で定められた金額になる。例えば保護費で定められた金額が9万円で、2万円のバイトをしたらその分引かれて、渡される保護費は7万円。で合計で9万円になるようなっている。バイトでなくて親族からの仕送りがある場合、それも申告することになっていて、保護費はその分引かれる)

その時々に相談されて、分かる範囲で応じているけれど
事が済んだ後なのよね、相談されるのは。
保護課の人からも言われているらしいけれど、味方と思わず
叱られた、批難された、と受け止めてしまう…。

…とまあ、そんな感じの人。
学習能力に劣っているのか、性格なのか…
生きづらいだろうな、と思う。
あまり個人の生活に頚を突っ込むつもりもないけど、
うちの子と年が近いだけに、気になるのよね。

もしかして…、親の死後、モグも…なんて思ってしまって。

そっと見守る感じなんだけど。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜


道具が買えなくて部活を辞める・・・「家が貧しいから」と言えない貧困家庭の子供たち


将来の日本社会をになう子どもと若者の「教育」について考えるシンポジウムが10月18日、東京都内で開かれた。教育や福祉の専門家によるディスカッションでメインテーマとなったのは、貧困家庭の子どもたちの教育問題だ。登壇した社会学者の宮本みち子さんは「子ども自身は『家が貧しい』とは絶対に言えない」「周りの大人が子どもの貧困にアンテナを張ろう」と呼びかけた。

●「家が貧しい」と子どもは言えない
「内閣府からは、日本の子どもたちの6人に1人が貧困の状態にあるというデータが発表されています。また、家族からも学校からも職場からもこぼれ落ちて、困っていても相談する人がいない『社会的孤立』の状態にある人も、2000年代から急速に増えてきました」

放送大学副学長で、子どもや若者の問題にくわしい宮本さんは、このように話を始めた。

「子どもの貧困が増えていると言うと、アフリカなどの飢餓でやせ細った子どもを思い浮かべて、『そんな子どもがどこにいるんだ?』と反論する人がいます。しかし、現代日本における貧困は、アフリカのそれとは違います。

たとえば、家にお金がなくて部活の道具が買えずに、部活を辞めてしまう子がいるとしましょう。でも、子ども自身は『家が貧しいから』とは絶対に言わず、黙って辞めてしまいます。

そのため先生も友達も、その子がなぜ辞めたのか分からず、『あの子は根性がない』『努力が足りない』と受け止めるわけです。でも、その子の背景を調べれば、ただちに貧困状態にあることがわかる。そんな状態が今、日本で見られる貧困です」

社会で普通だとされている生活がおくれない経済状態は、「相対的貧困」と呼ばれている。日本の子ども6人に1人が、そんな状態にあるというのだ。

●「生活保護世帯の子ども」が親から言われていること
そんな子どもたちへのサポートとして、「教育支援」は大きな役割を果たしている。埼玉県職員で社会福祉士の大山典宏さんは、埼玉県の取り組みを次のように説明した。

「埼玉県では、生活保護世帯の子どもを対象とした『学習教室』を29カ所設置しています。中学3年生については、対象者の4割が通っています。そのうち、8割が母子家庭です。6~7人に1人は不登校で、彼らの多くは小学校3~4年生程度の学力しかありません」

学校に行けない不登校の子どもが、学習教室には顔を出す。その背景には、生活保護世帯の複雑な事情があると大山さんは説明する。

「生活保護世帯の子どもは、親から『先生や友達に迷惑をかけるな』『学校で静かに生活して、先生の印象に残るな』とさんざん言われて育っています。

生活保護を受けているということで、ただでさえ偏見の目で見られるのだからそれ以上迷惑をかけるなと、親は言いたいわけです。

しかし、そのために、授業で分からないことがあっても先生に質問できず、家でも教えてもらえないという状態に陥っています」

一方で、学習教室はどうか。

「学習教室へ来れば、大学生のボランティアが1対1で勉強を教えてくれる。同じような境遇の子どもたちとグループで勉強ができ、仲間を作れる。そして、学習教室の職員が、『頑張ってるね』『受験受かると良いね』と声をかけて見守ってくれる。

このように、自分を大事にしてくれて1人の人間として認めてくれる大人がいる環境だからこそ、子どもたちは学習教室に通ってくるのです」

●貧困への「アンテナ」を張ることの重要性
貧困問題について、なぜ「子ども」への支援が大事なのか。宮本さんは次のように警鐘を鳴らす。

「若者にきちんとした教育や就労の機会を与えないと、知識やスキルがないまま中年になります。すると、満足な収入を得られる職に就けず、生活保護を受けるしかないような状況になってしまう。子どもや若者の問題というのは、社会の『アンテナ』と地域が、一丸となってこの問題に取り組まなければいけないという自覚がとても大切だと思います。

今後、貧困と孤立状態の中で安心・安全な生活ができない人が増えれば、たとえば、『繁華街の雑踏に若い女性が1人でいても危なくない』といった状態は失われるだろうと思います。つまり貧困や孤立の問題は、『自分の家庭が』『うちの子どもだけは』といった個人的な問題ではなく、日本社会全体の安全を左右する問題です」

子どもの貧困問題について、東京都荒川区は2009年から調査研究を行うなど、力を入れて取り組んでいる。宮本さんは「東京・荒川区では、子どもに直接かかわるような教師や役所の人間は特に、子どもの貧困について『アンテナ』を張ろうと呼びかけています」と指摘。そのうえで、そうした取り組みを広げていく必要があるとして、次のように力を込めていた。

「ジャパン・アズ・ナンバーワンの時代を経過した日本は、戦後の貧しい時代とは違います。そのため、貧困とはどういう状態かを知らない人は少なくない。目の前の子どもが、昨日も今日も明日も同じ服を着ているのにピンと来ない。子どもが、自分の貧困を訴えることは非常に大変なことですので、まずは周りの大人が『アンテナ』を張らなければ、問題は解決しないのです」

(弁護士ドットコムニュース)
[PR]
by hidaneko | 2014-10-23 23:50 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23167946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くろねこぶんた at 2014-10-24 21:38 x
これ、考えなきゃいけないことですね。
大切な話を書いてくれてありがとう。

最近たまたまテレビで見かけて気になってたこと…
いわゆる「JKビジネス」や居場所のない若い女の子たちを
支援している人のブログを、最近時々見てます。
帰るところがなくて夜の街を歩いていて、
男性に声をかけられたりスカウトされたり…
という子たちがいるっていう話を知ったのだけど、
もしかしたら貧困家庭の子どもたちも
そういう所につながっている子たちがいるかもしれないし、
中には家庭の状況を話さないがために
「安易に稼ぎたがる」とか単なる非行とかって見られてしまう子も
いるかもしれないななんて思いました。
Commented by hidaneko at 2014-10-27 08:30
>ぶんたさん

>中には家庭の状況を話さないがために
「安易に稼ぎたがる」とか単なる非行とかって見られてしまう子も
いるかもしれないななんて思いました。

この記事を書いた後に、母親がカサンドラ症候群だった(父親がアスペってこと)方や、ご自分がACで大人になって自分の家が崩壊家庭だったと気付いた方とか、ネグレクトだった方の手記を読む機会があって、表面からでは分からないんだな、とつくづく思いました。
あと、非行少女とみられる女の子の中には、知的障碍があり、悪い大人の食い物にされているとか…。

わたしに何が出来る、ってわけじゃないけれど、身近なところで少しでも手を差し伸べられたら、と思います。


<< ことしの柿仕事 さむーい >>