残る思い

マイが旅立って3週間。
居ない事になれたはずなのに
夜半まで仕事をしてて二階に上がり
モグが熟睡してることに安心し(睡眠障害があるので気掛かり)
ふっくら膨らんだ布団を見て、目でマイを探してしまう。

肌寒くなり羽毛布団をかけるようになって
これまでなら、マイが、モグの足下にうずくまっていたり
もっと寒ければ、布団にもぐり込んで同じ枕で寝てたり…
つい、マイを探してしまう。

今日も、ブリ大根を煮て深皿に盛り
猫に盗られない置き場所をさがして……
ああ、マイは居ないのだった、と安心というか落胆というか。

部屋から部屋の移動のときも、
つい、10センチほど、猫の通れるように
障子や襖をあけておく習慣。

隙間をあけていたのに障子を破ったマイ。
その穴を、繕うこともまだできないでいる。
残されたマイの痕跡を消せないでいる。
f0016892_0155839.jpg

[PR]
by hidaneko | 2014-10-07 00:15 | かぞく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23073601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リバー at 2014-10-08 08:25 x
そう、何ヵ月も出来ないんです…

日々の生活の中に、体は小さくても
とっても大きな存在だったのですもの

そして、いまだって 大切な大きな存在…

無理しないで ゆっくりと… ねっ、そうしましょう、お互いに…
Commented by hidaneko at 2014-10-08 09:19
>リバーさん

そうですね。
これまで、長いこと、楽しい時間を共有してきたのですから。

でも、障子の穴は、これから寒くなるし、そろそろ貼らないと(笑)
Commented by かめ at 2014-10-08 14:53 x
そうですよね。
思い出とか面影とか(時に幻覚とか)が、切ない気持ちに...

大事な存在をなくすって、そういうこと。
それはヒトでも犬でも猫でも、なんでも同じ。
Commented by hidaneko at 2014-10-08 15:05
>かめさん
>思い出とか面影とか(時に幻覚とか)が、切ない気持ちに...

マイは白かったので、レジ袋が目のはしに見えた時など
マイがうずくまっているように見えちゃったりして……

あと、掃除の時、小マイちゃん(抜け毛)が飛んでいたのが
ぜんぜん無くなって、そんなのがさびしかったりして。
変ですね。


<< 皆既月蝕 今週のたなくじ >>