ぼやき(日帰り温泉)

楽しく、のんびりした時間を計画したのに
疲れただけで、充足感のない日だった。




     ・・・

「久しぶりに日帰り温泉に行きたいね」
モグが突然言い出したのは、昨日、土曜の昼ころだった。

「いいねえ、行きたいねえ」
これからすぐ行く? という勢いだったけれど、
午後からでは気ぜわしくて、少ししか楽しめない。
翌日(つまり今日)の日曜日、混むかも知れないけど行こう、ということになった。

「Gサンも誘ったら?」とわたし。
モグとふたりで黙って行って、あとで気まずくなっても悪い。
「えぇ〜、さそうの〜?」
といいつつ、モグが、それでもメールで訊いてみた。
それに対し、Gサンは
「行きません、二人でどうぞ」と
Gサンにしては長めのメール。それが土曜の昼頃。

夕方、家の中でGサンと顔を合わせたので
「明日、Dの湯に行きますが、一緒にどうですか?」
と、訊いてみた。
「行かない。急に言われても困る」
という返事。
何か予定があるのかな? 聞いてなかったけど?
急にといっても、準備といっても、下着の着替えをもって車に乗るだけ。

「二度も誘って、来ないというのだからいいよね」とモグ。
「でも、あれみたいに、3度誘ったら行くというつもりだったりして」と、わたし。
「まさか、いいよ。二人で行こう」
そこで、モグと相談して、日曜の朝一番に行くことにした。
混まないうちに行って、まったりしてこようという計画。


当日は、二人とも早朝覚醒があるので、2時3時から目覚め。
日曜恒例の掃除も7時を待って開始。
(あまり早くから掃除機をかけても迷惑だろうから)
洗濯も済ませ、拭き掃除もして、
さて、出かける用意をしようか、という8時半、Gサンが起きてきた。

タオルを持ってきて、シャワーを浴びようとしてる。
そこで、もう一声、かけてしまったわたし。
「日帰り温泉、行きませんか?」
「うーん、シャワーじゃ寒いし、風呂行こうか」

やっぱり、3回誘ったら来た。
だが……

「おれが運転する」と言う。
「わたしが運転しますよ」と言っても
「おれが、運転、したいんだ」と言い張る。

空は快晴。いい天気。
久しぶりに遠出するのに運転したいのか、仕方ないな、
とも、思いつつ、
ああ、例のヤツか……とも思う。

♪いきはよいよい、かえりはこわい〜♪

車で遠出する時、Gさんはいつも、行きに運転したがる。
Gさんの故郷へ墓参りに行くときもそう。
行きは、運転したがる。
長距離だから代わろうといっても「大丈夫だ」と、運転したがる。
そして、帰り道は夜。「お前、運転してもいいぞ」と、言うんだ。
夜の高速、雨が降る、隣でGさん高いびき……何度あったことか。
  ( ↑ これってすごく運転しにくいのだ)

まさか、今日は、片道小一時間だし……、
そんなに(鍵を奪い取ってでも)運転したいのなら
帰りも運転してもらいましょう……

と、Gさんの運転、助手席にモグ、後部座席にわたし、で出発。

道中も、モグに色々話しかけたりして、
モグから「父、煙草臭い」とか、「父、めんどう」と
わたしの携帯にメールが来たりする。

まあまあ、とモグをなだめて、日帰り温泉に、着きました。

Gさん、車の鍵をかざして
「帰りは、おまえ、運転していいぞ」
「あら、帰りもGさんどうぞ運転して下さい」とわたし。
「いやだ。温泉に入るとだるくなるから」と、Gさん。

はあ?

「温泉に入れば、誰だってだるくなるんじゃないの」
と、わたしがボソッと言ったとたん、
Gさん、激高。「じゃあ、いいっ!!」


施設に入って、靴箱に靴を入れ、キーを受取り
家族3人分いっしょに料金を払おうとしたら
「いい、おれが自分のは払う」
「はあ、そうですか」
と、わたしは、モグと二人分を払ったけど。

入浴後も館内のどこにいるか分からなくて、あちこち探し
喫煙室を覗いたら、煙草をふかしている姿が見えた。
わたしが声をかけても、こじれそうだから、モグにメールしてもらった。
「食堂にいますから、来て下さい」と。

遅れて食堂に来たGさん。わたしの斜め前の席に座った。
モグがラーメンを頼んだのを見て、
「おれもラーメンにしようかな」
オーダーを取りに来たひとに、わたしのリストバンドを見せたら
「いい、おれのは自分で払う」

ああ、そうですか。そこまでヘソを曲げてますか。
近寄る気、歩み寄る気は無しですか。

サイドオーダーのサラダやゲソが来て
「Gさんもどうぞ」
と、取り皿に箸を添えてすすめても、食べない。

自分の注文品が来るまでの間も、うつむいて下を向いて、
モグとわたしの会話にも入らない。
ラーメンが来ると、わたしが進めた箸でなく
別な割りばしを取って、もくもくと食べ、すぐ席を立った。

後で、隣に座っていたモグが
「お父さん、テーブルの下で本を読んでいたんだよ」
「はあ?」
わたしの席からはテーブルの陰になって見えなかったの。
家族の会話に入ろうとしない…アスペゆえ?
それとも、わたしを完全に無視することで
「おれは怒っているんだぞ」のアピール?

Gさんは、じぶんの思い通りに、わたしが
「帰りに運転します」と言わなかったからといって、
そこまで意固地になるとは思わなかったわ。
予想通りでないとパニックを起こす? これもアスペゆえ?

温泉も広間も、日曜にしては比較的すいていて、
ふつうならのんびり出来るところ、ぜんぜん休まらない。

和むかと、家族の団欒ができるかと、
Gさんを誘ったわたしがバカだった。



もう、誘わない。
温泉はモグとふたりか、わたしひとりで行く。
[PR]
by hidaneko | 2014-09-28 14:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/23023816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週のたなくじ ようやく採れたイチジク >>