マイ、みまかりました

午前2時22分、マイは天使になって旅立ちました。






なんて良い子なんだろう。
今日は、モグちゃんが帰ってくる日。
それを待っていたように、生きていてくれた。
モグも、ちゃんとマイとおわかれが出来る。

まだモグには知らせないでおきます。
動揺して午前中の用事がうまく出来ないと悪いから。
夕方帰ってきたら、教えます。

これまで、マイを可愛がってくださって
ありがとうございました。



〜〜〜〜〜〜〜

昨夜は、わたし、友だちに誘われて呑みに行ったの。
猫のことは心配じゃないのか。って?
心配だけど、
特に怪我や病気で苦しんでいるのじゃないし、
寿命だから仕方ないかな、って。
わたしが呑みに行っている間に、みまかったら、
それも寿命かな、って。

でも、22時頃帰ってきたら、まだ生きてました。

友だちと話して、ストレスのガス抜きができました。
苦労を重ねてきた友なので、いろいろ分かってもらえて・・・



マイは、Gサンと寝ていたの。
夕方から、Gサンが看ててくれるって。

朝方、Gサンが二階に来た。
「マイ、逝っちゃったよ」と。
バスタオルにくるんだ、マイを抱いて。

でも、まだ、マイ、旅立ってなかった。
バスタオルのまま、わたしが受け取って
階下に行って、抱いていた。

間隔を空けて、ふぅ〜、と、
小さなため息のように呼吸して、
ちょっと手足をつっぱって、
何度か、そんな感じで・・・

そして、ふっと、眠るように・・・

ほんとに、天使のような子。
きれいな、かわいい猫でした。
バーサン猫だけど、ね。
しっぽ無しだけど、ね。
[PR]
by hidaneko | 2014-09-14 03:54 | かぞく | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/22920445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かめ at 2014-09-14 07:33 x
とうとう、旅立っちゃったんですね...。

マイちゃん

安らかに。
Commented by くろねこぶんた at 2014-09-14 07:41 x
マイちゃん…
立派だなあ。

うちのみそ猫からも、ありがとう。
安らかにね。

ひだねこさんも、お疲れの出ませんように。
Commented by hidaneko at 2014-09-14 08:43
>かめさん

ありがとうございます。

おだやかな、眠るような最期でした。
今も、やすらかに眠っているようです。

Commented by hidaneko at 2014-09-14 08:45
>くろねこぶんたさん

ありがとうございます。

みなさんに可愛がられて、幸せな猫でした。
そして、家族を幸せにしてくれた猫でした。
Commented by リバー at 2014-09-14 10:07 x
マイちゃん
本当に可愛い、素晴らしい マイちゃん
ご家族に愛されて愛されて・・・

そして、ご家族に優しさをいっぱいくれた マイちゃん

天使になったんですね。



m(__)m
Commented by ぴき at 2014-09-14 12:08 x
私も遠くからずっと見守っていました。
かわいいかわいいマイちゃん、お疲れ様でした。安らかに…
Commented by ゆ~み at 2014-09-14 12:43 x
マイちゃん、
ひだねこさんに、抱っこされて、
ゆっくりやすんでね。
みんなに愛されて、
みんなを愛して…
いい子、いい子…
どうぞ安らかに…
m(_ _)m
Commented by hidaneko at 2014-09-14 19:51
>リバーさん

ありがとうございます。

ほんとに、マイはあの小さな身体で、沢山のものをくれました。
愛とか、笑いとか、時には愚痴のはけ口になったり…(笑)
“天使”というのは、掛り付けの鍼灸師さんのことばを借りました。
愛猫家でクリスチャンで、「猫はみんな天使よ」とおっしゃってます。
Commented by hidaneko at 2014-09-14 19:53
>ぴきさん

ありがとうございます。

猫バカですけど、やっぱりかわいいマイでした。
みなさんに見守られて、幸せものです。
Commented by hidaneko at 2014-09-14 20:00
>ゆ~みさん

ありがとうございます。

まさか膝で看取るとは思っていませんでした。
なにかの縁があったのかな、と思います。
親ばかだけど、安らかな、きれいな最期でした。



<< たくさんの愛をありがとう ひだまりの中で >>