心の立て直しの方向が見えてきた(アスペルガーについて)

まだ、しっかりしたものではないけれど
方向性が見えてきた。

遠くを見ると、うつうつとしちゃうけど
近くを見れば、これまでと同じこと。

だから、「わたしは大丈夫」という思いが出てきたので
友だちにカミングアウトした。

夫は、診察は受けていないし、診断もされてないが、どうも、発達障害、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムのよう。
そして、わたしは、抑鬱を伴う適応障害で受診してきたけれど、カサンドラ症候群のようだ、ということ。


それで、いままで、8月13日から、下書き保存で〈非公開〉にしていたアスペに関することを〈公開〉にしました。m(__)m


f0016892_19341825.jpg

これを見ると、よくわかるけど、
どこで線を引くか、ってむずかしいことなのよね。

アスペルガー症候群の基本となる症状
・社会性の障害
  人とうまく交流できない
・コミュニケーションの障害
  ことばや表情などを使って意思疎通をはかることができない
・イマジネーションの障害
  想像力が乏しく、独特のこだわりがある
・感覚過敏
  感覚の敏感さと鈍感さが共存する



取説としては、ひとつ、ひとつ、確認を取って言う。
曖昧な表現はだめ。
「少し早めに来てください」は、伝わらなくて
(すこし、早めが、どの程度か分からない)
「◎◎時、△△分に来てください」という。

(ここ書きかけ)
[PR]
by hidaneko | 2014-08-24 19:36 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/22795114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< これまで借りてきた本。今読んで... 胃カメラを飲んできた >>