えーと・・・ASと自己認識のこと

わたしが「わたしが人に好かれるはずがない」と、思っていたのは理由がある。

一番身近な人達が、肯定してくれなかった。母親も、夫も、褒めてくれなかったなあ。
もういい年こいて、こんなことを言っているのは馬鹿みたいだけどさ。

バーサンというひとが、かわいそうなひとで、
娘たちを、真っ正面からほめることをしなかった人。
わたしには、姉たちの事をほめ、姉にはわたしのことをほめ
バーサンがどういうつもりだったのか、わからないけど、
自分の子を比べるのよね。

また、Gサンというひとが、かわいそうなひとで
相手(わたしだけど)を、けなす事で、自分が優位に立とうとする人。
すっごい、好意的に考えてあげたら、それだけ自分に自信がなかった人なのかも知れないけど。
まさに、水掛けジジイ。

モグにも、わたしにも、なにか、ささやかなよい事があったとき、
頑張って、何かを成し遂げた時、
「よかったね」とほめて、一緒に喜んでくれる事がなかったな。


さっきのいさかいでも、いわれたの。
「年上だから尊敬する事はないのか」という意味の事。

わたし、夫婦は、年齢差はどうあれ、対等だと思う。ヤツとは6歳ちがうのだけれどね。
結婚当初は、おとなだな~、と思ったけど、今じゃ……言わないでおく。

年上だから、敬語を使ってほしいというのなら、わたし、いくらでもつかえますよ。
尊敬語も、丁寧語も、謙譲語も、身に付けていますから。
徹底的にやれる。
だけど(笑)、これ慇懃無礼ってやつ。
相手をおもいっきり馬鹿にした時、ケンカした時の、わたしのやり口。

は~い、わたし、根性の悪い女ですから。

だけど、こんな女だけど、
リアルでも、30年来の友だちがいるし、
ネットでも、十数年のつきあいの友が居る。


なんか、今日はヨタ話ばかり。すまん。

頭痛をロキソニンで押さえ込んでいるから、
今日は仕事をする気だったのに

やけ酒のみたいきぶん。
[PR]
by hidaneko | 2014-08-19 21:45 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/22773111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ASの夫の妻についてカサンドラ症候群 と、言っているうちに >>