猫、またもやまたもや脱走

猫がまた脱走した。
裏玄関は、いや、表もだけど、
玄関は常に鍵をかけておくことになっているのに…。
(鍵がかかってないと、猫が自分で開けるので)

午前中は、絵本の読み聞かせボラ
午後は、セルフコンディショニング&ヨガの会で、
その後、夕御飯のための買物などして、
わたしが帰ってきたのは4時頃。
コーヒー1杯飲んで、
夕食の支度をして……

なんか、裏玄関の方で、がたごと音がするとは思っていたけど
Gさんが母屋に来ようとしてるのかと気にしなかった。
あまり、がたごとが長いから、鍵の調子が悪いのかな、っと、
(裏玄関の戸は古くて建て付けがわるい)
あけてあげよう、と裏玄関を見たら、
玄関の戸が猫の身体の幅だけあいてて、
白いお尻がするっと、抜け出るところだった〜!

鍵、かかってなかったのかよ~
犯人はひとりしかいない。
わたしもモグも、今日は裏玄関を使ってないからね。

その犯人は、家にも別棟にもいなかった。
猫脱走を、メールでGさんに告げるけどレスなし。

またもや胸のつぶれる思いで、ひとりで、近所を捜索。
     ・
     ・
     ・
しばらくして、ようやく捕獲。
ぐるりと回って、池の水を飲みに来たところを、
狭い隙間を通って、つかまえた!
捕獲出来たときも、メールしたのに、レスナシ。

どうなってんのよ。はらのたつ。

Gさんからメールの来たのは、それから小一時間のち、
家に帰って別棟に入った音がした後だった。

メールには。「了解です」
は? それだけ?
「鍵をかけわすれてごめん」とか
「猫をつかまえてくれて、ありがとう」とか、なし?

どっと疲れの出たひだまりねこであります。
[PR]
by hidaneko | 2014-06-14 19:11 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/22306958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 猫の脱走防止、網戸を開けられない工夫 猫、またもや脱走 >>