これ、こわい。安倍首相、NHKばかりか教育にも圧力?

にゃんこ頭で、むずかしいことはわからないし
政治的な駆け引きなんてぜんぜん分からないけど
報道の自由や教育にまで圧力をかけてくる首相に
恐ろしいものを感じて……。

戦後教育はマインドコントロール 首相、衆院委で発言
東京新聞(TOKYO WEB 2014年2月21日 朝刊より)
安倍晋三首相は二十日の衆院予算委員会で、教育改革に関し「教育基本法は(第二次大戦後の)占領時代につくられたが、衆参両院で自民党単独で過半数をとっていた時代も手を触れなかった。そうしたマインドコントロールから抜け出す必要がある」と意欲を示した。
      ◇
 安倍晋三首相は二十日の衆院予算委員会で、戦後に長く教育基本法を見直さなかったことを「マインドコントロール」と表現し、教育改革に意欲を示した。

 首相は第一次安倍内閣で掲げていた「戦後レジーム(体制)からの脱却」とのうたい文句について「あえて使っていないが、捨てたわけではなく、変わらない」と強調。「憲法や教育制度を私たちの手で変えていくことこそが、戦後体制からの脱却になる」と力説した。

 憲法については「(戦後の)占領時代につくられ、時代に合わない仕組みもある。不磨の大典ではない」と述べた。政府・自民党は今国会で、自治体の教育委員会のあり方を見直す関連法改正を目指している。

 一方、首相は自衛隊の海外での武器使用基準見直しでは「相当、抑制的になっている。法改正していくことになる」と、緩和のための自衛隊法改正を目指す考えを示した。

 国連平和維持活動(PKO)など海外での自衛隊の武器使用基準は現在、正当防衛と緊急避難に限定されている。首相は海外での邦人救出や、PKO活動時に他国軍の救助ができないと説明し「本当に認められないのか」と訴えた。

ーーーーーーーー

それこそ、
戦争への道へ、マインドコントロールされちゃ、たまらない。
武器を持つってことは、ひとを守るってだけにとどまらない。
ひとを殺し、ひとに殺される機会が増えるということだもん。

子どもたちのまだ柔らかい頭に、
平和以外の、何を吹込もうというのだ。
戦後教育を否定する首相は、
戦前の教育=軍国主義の少国民をつくろうとしてるの?

わたしは、自分の子や孫を
ぜったい、ひと殺しにしたくない、
ぜったい、ひとに殺されたくない。

我が子や孫だけでなく、
地域の子も、日本の子も、世界中の子どもたちも…
与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」の心は
いつの時代になっても、変わらない。
「人を殺して死ねよとて …」なんて、ぜったいやだ。

   ・ ・ ・

安倍首相はその前に、NHK会長をすげかえ、
そして会長は、就任時の失言だけでなく…

NHK籾井会長、理事辞表預かる 人事権強調
東京新聞(TOKYO WEB 2014年2月22日 朝刊より)
NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長が一月二十五日の就任初日に理事らに辞表を預けるよう求め、会長の人事権を強調していたことが二十一日、複数のNHK関係者への取材で分かった。現在までに任期途中で辞任した理事はおらず、辞表は籾井氏が預かっているとみられる。
 関係者によると、一月二十五日午前、臨時役員会が開催され、籾井会長は「あなた方は前の会長が選んだ。今後の人事は私のやり方でやる」という趣旨の発言をし辞表を預けるよう出席者に求めた。籾井会長は二十一日の衆院総務委員会で民主党の近藤昭一氏に「辞表を預かっているという事実を確認したい」と問われ、「人事のことなので言及を避けたい」と答弁していた。

ーーーーーーーー

報道の自由を力でねじ伏せようとしてる。

数日前ネットで拾った画像、
アップするとこっちまで下品になりそうで躊躇っていたのだけど…。
教育に干渉しようとする首相が、
報道各社社長たちと会食、だって、



f0016892_215471.jpg

下の細かな文字、見えるかしら。
読売、産経、共同通信、日経、テレビ朝日、フジテレビ、毎日、日本テレビ…
など各社の社長や会長、論説委員などの名前が挙がっている。

首相と高級料亭などで会食して、どんな話をしてるのやら。
どんな圧力をかけ、手なずけようとしてるのか?
[PR]
by hidaneko | 2014-02-22 21:25 | うきよ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/21463247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hidaneko at 2014-02-22 23:05
かってにコピペ

「戦後レジーム(体制)からの脱却とは」
平和な日本を作り替えるという事です。
憲法改悪を手始めに、教科書を作り替える,すなわち、教育改革です。
日本は強い国と国民に教え込み,戦争する国に国民を洗脳する事です。
それをすれば,誰が得するか,儲けるかと言えば,資本家、大企業、政治家です。それらは国民の1%にすぎません。
彼らのために多くの国民が苦しむ事になります。


<< 今日は猫の日 「今週のたなくじ」より >>