実は、忘れてた

朝、連ドラの「ごちそうさん」を見終えて、
朝イチの、ぬかづけの漬け方を見てたら、ピンポ〜ン!
宅配さんだった。荷物が2個。
姉と娘アリさんからの荷物だった。

忘れてた。わたしの誕生日でした。
いえ、昨日が六日ってことは覚えていたのですよ。
でも、その次の日が誕生日だ、ということと結びつかなかった。
朝、顔を合わせた家族は(モグもGサンも)
「おめでとう」なんて言わなかったし(笑)

姉からは素敵な、高価そうなチョコレートの詰め合わせと
娘から明るい模様の厚地のタオルとバスタオルのセット。
どっちも、自分ではまず買わない、洒落たもの。
うれしい。

で、急遽、日帰り温泉に行きたくなった。
昨日仕事始めしたはずなのに、もう休日かい?(笑)
アリさんにお礼のメールして、行こうかな?と書いたら
「行けば〜?」とのレス。背中を押してもらった。

いくつかある日帰り温泉のうち、小洒落た、郊外のVスパは
小学生以下はお断りの大人のための空間。
連れがないから、時間に捕らわれず、のびのび〜。
間に1時間の岩盤浴もして、いい汗かいて、お肌すべすべ。
何も高価なクリームなどつけてないのに、つやつやすべすべ。
アリさんには、タオルだけでなく、
優雅な1日をプレゼントされたかんじ。

帰宅したら、モグちゃんがハウスから帰っていて
炬燵の上に、赤とピンクの花のブーケが。

姉から届いた素敵なチョコをつまんで
美味しい珈琲もいれて
ほっと一息の、すてきな誕生日でした。
f0016892_2038781.jpg




温泉につかりながら、バーサンのことを思い出していた。
お風呂がすきだったバーサン、1度日帰り温泉に連れてきてあげたかった。

バーサンがまだ歩ける頃は、日帰り温泉もまだ多くなく、あっても「オムツの人お断り」。
(オムツの人お断りなら、赤ちゃんも入れないことになるのだけれど、赤ちゃんはOKなのよね)

もっと以前、要介護になるまえは、バーサンは自分の妹と一緒に、年に何回か、隣県の温泉に行っていたけれど。


岩盤浴の1時間、考える時間にするつもりが、ぼうっとして、何も考えられなかったわ。
熱い岩盤に、大判のバスタオルを敷いて、岩盤浴の専用着を着て、横たわる。ペットボトルの水を飲みながら。汗がぼたぼたでてくる。体中、頭の地肌からも…。

薄暗がりの部屋にはわたしひとりだった。ヒーリングミュージックと、海の潮騒の音が静かに流れる。室温は40度。蒸し暑いというほどじゃないけれど、かなり湿度もある。サウナの乾燥した熱さとは違う。10〜15分岩盤に寝転んでいて、少し室外に出て涼む。これを繰り返す。

わたしが岩盤浴するのは、これで2度目だけど、要領が分かってきた感じ。体中の汗腺がひらいて、悪いものがすっかり出て、すっきりする感じ。

以前、モグに聞いたら、好きじゃないっていってたから、彼女が一緒だと入れないのよね。

岩盤浴から出たあとは、お風呂場にいって、汗を洗い流し、露天風呂にもはいった。
まさに、気ままな、癒しのひと時だった。
[PR]
by hidaneko | 2014-01-07 19:35 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/21238709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 格差社会 今週のたなくじ >>