過去日記・11月13日(水)・菊祭り&日帰り温泉

前からGさんが「日帰り温泉に行きたいな」と行っていたんだ。
でも「はい、はい、そうですね」と聞き流してた。
Gさんとどこかへ行くと、必ず、何やら、面倒になるから嫌なの。
でも、「紅葉も見ごろだろうな」とか、しきりに言うし…。

ちょうど先週は読書週間で絵本の読み聞かせボラで忙しく
外出が多かったのだけれど、たまたま13日は空いていた。
天候もそう悪くない。で、朝ご飯のあと訊いてみた。
「日帰り温泉、行きますか? 今日なら行けますよ」
たいてい、その日に言うと
「急に言うな。もっと前から言え」とか言われるのだけど
なぜか、
「おっ、行こうか」と、弾んだ声の返事。

こちらには、心づもりがある。じつは24日が結婚記念。
友人で11月22日(いい夫婦の日)が結婚記念日の方がいて、
ほんとうに、傍から見ても、漏れ伺っても「いい夫婦」
こちとらは、それから日がずれているし、いい夫婦じゃない。

あ、話が逸れたけれど…、
ハズレ夫婦だけど、ささやかな結婚記念日の前祝いの心持ち。
モグちゃんに訊いたら「わたしは行かない」というし
たまには、ゆっくりと温泉+美味しいものもいいよね。
で、そのことを、Gさんに伝えたら
「前祝いされると、後祝いしなくちゃいけなくなるから」
は? 意味がよくわからないんですけど。
いつもの常で、素直に喜ばずに、一つひねくれてる返事。

まあ、あれこれ、ありまして、日帰り温泉に。
途中道路工事で迂回させられたり、
土砂降りにあったり、かと思うとパッと晴れて陽が差したり。
まったく、吾が夫婦の空模様のようであります。

で、日帰り温泉の近くに、県内でも大きなY神社がありまして
「菊祭りをやっているから、見に行こう」と、Gさん。
わたしは、神社のご神体の裏山へ紅葉を見に行きたかったけど、
Gさんに合わせた。
f0016892_2324332.jpg
  (今年は伊勢神宮遷宮というので、その風景を菊で…)
f0016892_2255309.jpg
  (この花の数いくつっていってたかしら、一本の木から咲いてます)

神社の参道にずらりと並び、境内にもみごとな菊がありまして。
バーサンのことを思い出しました。
f0016892_23171292.jpg
まだバーサンが車イスで出歩けたころ
やはりGサンが「菊祭りに行こう」と行って
車に乗せて、この神社に来た事が…。
参道の石畳を車イスを押してきて、
(石の凸凹が響くのよね)
この山門の前の石段を、ふたりで車イスを持ち上げて上がったの。
すごく、大変だった。バーサンも大変そうだった。
そのあと、本殿前の玉砂利がまた難問。
押しても引いても、車イスが進まないのよ。


f0016892_23242983.jpg

実は、あとで気がついたのだけれど、本殿に行くには、
山門の石段を上らなくても良い車も通れる別道がありました。
今では、拝殿に上る階段の脇にスロープが出来ていたけれど
下の方をみると分かる通り、石畳じゃなく玉砂利のまま。
これでは、仏作って魂入れず、というか、
形だけで「つくりました」ってだけで、役に立たないよ。

まあ、それは置いといて…

で、神社だから、当然、おみくじをひいたのですが
(そのときわたくし100円の持ち合わせがなくて、
Gサンから30円借りた。小銭でおみくじを引いたの初めて(^^ゞ)

引いたお御籤、大吉だったの~!
「ほら、大吉だよ」と見せたら、ひとこと
「いい運が出るとあとは悪い運ばかりだから」

いう? ここで、それいう?
悪い運が出たときは「これからは良くなるばかりだよ」と言うけど
大吉がでたら「よかったね」と、なぜ言えぬ?

「むむむ・・・・」の気持を押し殺し
(「結婚記念日前祝い、とにかく波風立てないぞ」の心持ちで)
日帰り温泉に行き、とっぷりとお湯に浸かって
Gサンはビールを飲んでご機嫌、
わたしは帰りの運転手だからノンアルコールのビール。
いいもん、しめサバの握りが美味しかったもん。
この日帰り温泉、併設の食堂で出すものが美味しいの。
契約農家からの新鮮野菜に、浜直通のとれとれの魚たち♪

…という凸凹夫婦の秋に一日でありました。
とっぴん ぱらりの ぷ〜。




…………

Gサンの名誉のために言い添えておきます。

日帰り温泉行きの、前の前の日のこと。
あさイチで、リウマチの話題を取り上げていた。
年配だけでなく20代、30代でもなるとか、
罹患した人の苦労なども、映像つきで…。
手の痛みや変形で、下着も下ろせないとか、歩けなくなるとか…
また、新しい薬が出来てきたとの情報とか…

それを見ていた、Gサン、
「いざとなったら、オレが看るからな。オムツも替えてやるから」と。
「どっちが先になるか分らないけどな」とも。
うひゃ~、あまり看られたくないのですが。
あまり看たくもないのですが・・・・と内心おもいつつ

ただひとつ、評価できるのが、
バーサン(ヤツにとっては義母)を介護し看取ることに反対しなかったこと。
(積極的協力はあまりなく、私から見たら気まぐれだったけど)
いろいろあるけど、あったけど、ま、それだけは感謝ですね。
末っ子で年寄りっ子だから、年寄りには優しいのよね。
[PR]
by hidaneko | 2013-11-19 22:55 | かぞく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/20887192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くろねこぶんた at 2013-11-20 18:52 x
「前祝いされたら後祝いもしなくちゃいけなくなる」に吹いたw
お祝いは多くてもいいんじゃない?
毎回温泉は大変だから、おいしいお菓子くらいで。(^_^)
Commented by hidaneko at 2013-11-21 09:05
>ぶんたさん

吹いて読んでもらえて、幸いです。
温泉費用、こっち持ちだったので、
「お返しが大変…」の意味なのかしら?と、
ぶんたさんのコメントを見て気付きました。

「おいしいお菓子」ねぇ。なつかしい単語だわ。
モグともども、糖質制限ダイエット継続中なので、
お菓子の類いはぜんぜん買ってないのです。(^^ゞ


<< やじろべえ 秋深し… >>