バーサンの誕生日

モグが
「今日、誕生日だったでしょ」
と、S山の大福餅を買ってきた。
近所にある有名店で遠方からも買いに来る店ので、
バーサンの好物だった。

モグのこういう細やかな心遣い、泣かせる。

亡くなった人は「命日」が「覚えている日」で
なぜか、誕生日は忘れられて行くものなのに。

わたしも、朝、
「ああ、バーサンの誕生日だったなあ」
と、思ったけれど、特にそれ以上の動きはしなかった。

バーサンの誕生日は、母の日に近いものだから
おいしいケーキ屋さんC店にホールのケーキを買いにいくと、
母の日用の、上にピンクのチョコで薄い花びらのカーネーションが載っているのだった。
そんなことを思い出していたのだった。

モグの買ってきた大福餅は2個。
「わたし食べないから、お仏壇にあげたら父さんとひとつずつ食べて」

バーサンの生誕105周年。
(そう、こういういい方をしたらいいのね)
いただいた大福はちょっとしょっぱい味がしました。
[PR]
by hidaneko | 2013-05-02 21:26 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/19341515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 突然ですが、ここで問題です 今週のたなくじ >>