平熱

世の中、バレンタインデーで賑やかですが
うちは一日穏やかな日でした。
とくにワクワクやドキドキすることもなく。

義理で差し上げましたが、
とくに感激を持って受け取られた訳でもなく。

天気も穏やかだったし。
6.3度あったっていうから、そう寒くもなかったし。
ま、こんなとこかな。

あ、怪我人がギプスが取れ装具になり、
今日は初めての風呂でした。
日が落ちると寒くなるので、温かな午後に昼風呂です。

これまではシャワーだけだったもんで、
1ヶ月ぶりに湯船でゆっくり温まって気持ちよかったって。
「温泉にはいったみたいに、身体がぽかぽか〜」って。
新陳代謝がよくなって傷の治りもよくなるかな。

ギプスで覆われていた右足、垢のでることでること。
想定はしていたけれど、こすってもこすってもボロボロ。
湯船のお湯が粕汁みたいになってました(笑)
(当然、モグは仕舞い湯でしたけどね)
[PR]
by hidaneko | 2013-02-14 21:42 | かぞく | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/18606619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 椿 at 2013-02-14 23:23 x
 こんばんは。
モグさんの足、順調のようでよかったですね(^^)

 確かに、世間はバレンタインでしたね。私も、我社もあまり関係なく、穏やかな一日でした。

 私のほうはおかげ様で昨日抜糸となりました。
今日から、手を濡らす事が出来、助かります。

 縫合痕は、約7センチ、縫合は約8ミリ感覚で7針です。
結構雑なしごとです(^_^;)

 最近は、傷自体の痛みは ほとんど有りませんが 母指球部分の中から痛みと、始め無かった指先の痺れが少しあります。
そのうち治るかなと、思っているのですが・・・・

 傷のケアは、hidanekoさんのからの情報を基に考えて、「ハイドロウェット」という医療パッドをとりあえず使ってみることにしました。かさぶたを作りにくく、傷口への物理的負荷を減らすらしいとのことです。
 暫らく様子を観ながら、使ってみます。

 hidanekoさんのブログのおかげで、いつも事前準備と心の準備が出来、本当に助かっています。
 
 改めて、ありがとうございます。
Commented by hidaneko at 2013-02-15 21:06
>椿さん

こんばんは。レスが遅れてすみません。
抜糸になったのですね。傷の状態はいかがですか。
傷口がひらいて、汁がでたりしてませんか。
ぴっちりくっついて、筋みたいになっていますか。

「ハイドロウェット」検索してみました。
ポリウレタンフォームのドレッシング材(被覆材)のようですね。
クッション性があってよさそうですが、これって擦り傷など傷口がある傷に使う物のように思えます。スポンジ状のポリウレタンが浸出液を吸って湿潤環境を保って治す・・・。

抜糸の後の今、必要なのは傷と直角に貼るテーピングだと思います。モグも、アキレス腱断裂の手術の抜糸の後で、先生が肌色のテープを傷と直角に並べて貼ってくれました。今週、抜糸後1週間目で受診しましたが、まだテープは貼ってあります。

長くなるので、理由とやり方は下に書きますね↓
Commented by hidaneko at 2013-02-15 21:22
>椿さん

つづきです。
傷の手当てでわたしが参考にしている夏井睦先生のサイトから。
http://www.wound-treatment.jp/next/wound219.htm

【縫合創の抜糸後の後療法】
「縫合創は抜糸直後は硬い感じがするはずだ。これが柔らかくなって安定するまでにおよそ3ヶ月かかる。逆に言えば,3ヶ月未満の傷は未成熟であり,可塑性があるということになり,この期間に 「傷を開く方向」 に力が持続的にかかると傷が広がってきて,「抜糸直後は線状だったのに,次第に幅が広がってきて1センチくらいになっちゃった」 になるわけだ。

 これを防ぐにはテーピングをして傷の拡大を防ぐしか方法がない。」

これは、ひだまりねこ自身体験しています。
先に手術した左手は抜糸後、なにもしていなくて傷がひらいたのです。その後、傷を寄せるようにしてテーピングしたので、ひどくはならなかったのですが、傷跡が筋2本になってます。

右手は抜糸後、家に帰ってすぐテーピングしたので、傷の開かず傷跡も線一本になっています。

また字数が多くなったので、下に続きます。(^^ゞ
Commented by hidaneko at 2013-02-15 21:36
>椿さん

つづきです。

やり方(夏井先生のサイトより)

1,茶色の色つき絆創膏を用意(できるだけカブれないものを選ぶ)
2,絆創膏を3~5センチに切る
3,「傷に直角」 に隙間なく貼る(並べて貼る)
4,一日に一回,張り替える
5,3ヶ月間続けるのが理想だが,貼るのが面倒になったら止める

1,のテープは、住友3Mのマイクロポアがお勧めです。
かぶれにくくて、水にも強く(濡らしても拭けば、貼り替える必要ないみたい)、肌色で目立たないの。

4,の貼り替える場合ですが、いきなりバリッと剥がさないで、
テープの左右から徐々に剥がしていって、傷の上でそっと上に持ち上げて剥ぐと、傷口がひろがることがありあません。

このテープ、元は医療用で、一時期市販されなくなったのですが
モグの手術跡用に欲しくて検索したら、パッケージを変えて、Amazonにもありました。
送料を払うのがもったいないので(←けち)近所のドラッグストアに売ってないか見ていたのですが、ちょっと遠くのマツキヨにありました。

Amazonで買うのなら「ネクスケア マイクロポア メディカルテープ不織布ライトブラウン」で検索してみてください。
Commented by 椿 at 2013-02-15 22:31 x
 ただいまー、今帰りました。

 早速、ありがとうございます。

 傷の方は、一部(10ミリぐらい)透明な瘡蓋になっていますが、他は細い線になっています。 瘡蓋になった所は、手術後、四日めぐらいに手を使った時に「ブッチ」と音がした時のものだと思います。
 ちょっと盛り上がっています。
痛かったので、「開いたかな?」って思いました。

 早速、3M手配してみます。
いろいろ、ありがとうございます(^^)

Commented by 椿 at 2013-02-15 23:58 x
 早速、手配しました。
ご心配していただき、本当にありがとうございます。

 抜糸後の傷の状態は 前に書いた感じですが、他にも気になるところがありますので追記します。

 母指球の辺りの皮膚が、傷に向かってやや引っ張られたような筋が目立ちます。
 そのうち治るとは思いますが、やっぱり気になりますよね。
あと、縫合痕の周り(特に手首に近い部分)は、かなり硬くなっています。
 
 縫合痕の周には、ローションやクリームなどの保湿剤はつけても良いものなのでしょうか。私はかなり乾燥肌なので・・・

 また、普段は毎日社用車を運転しなくてはならないので、保護用に包帯は少し厚めに巻いています。
 会社に手術の件を相談したときには 術後一ヶ月くらいは内勤にとの事でしたが、出社してみると そんな話は完全になくなっていました。
 なかなか、そこらへんは難しいですね(-_-;)

 愚痴っぽい話になってしまいすみません。
 これからも、宜しくお願いします。
モグさんにも、宜しくお伝えください(^_^)/~
 
Commented by hidaneko at 2013-02-16 22:31
>椿さん

傷は、切って縫ったのだから、しばらくは引きつったり硬くなったり、違和感があると思います。わたしもそうでした。そのうち、徐々によくなっていくと思います。

手あれについては、傷に直角にテープを貼っていれば、クリームなど塗っても直接傷に触れないわけだし、大丈夫と思います。
ただ、お節介でいわせてもらえれば、尿素入りのクリームは止した方が良いです。肌に良くない。
毎度、夏井先生のサイトからですみませんが、こちら↓
http://www.wound-treatment.jp/next/wound351.htm
「手荒れ・主婦手湿疹の治療,クリーム,尿素など」読んでみてください。

わたしは白色ワセリンを使うようになってから、手アレ知らずです。前は、在宅介護をしていて、日に何度も手を洗うのでガサガサしてましたが、白色ワセリンでワックス掛け(笑)をしてから、ずいぶんよくなりました。

今年の冬は、プロペト(白色ワセリンをさらに精製したワセリン)を使うようになり、沁み込みが良く、拭きとりもほとんど要らないくらい。重宝してます。

車の運転は大変ですよね。
どうぞ、お大事になさってください。
Commented by 椿 at 2013-02-17 00:01 x
 こんばんは、hidanekoさん

 たくさんのアドバイスありがとうございます。
参考にして、様子をみていきたいと思います。

 ただ、手の使い勝手は 多少の痛み、不都合などもありますが
日毎に良くなっています。
 (油断をして、飛び上がるハメになるのですが^_^;)
正直、「こんなに早く回復をするものなのか」と思うこともあります。

 きっと、こんな感じでいつの間にか 治っていくのかなと思っています。

 それから、来週水曜日に 右手の検査をすることにしました。
左手の時ほどではありませんが、朝などの痺れが続くようになって来ました。
 仕事の都合で、今回のように手術をする事が暫らく難しいため
早めに状態を把握して 治療方針を決めていくことにしました。
 
 やっぱり、両手なるみたいですね・・・・

では、インフルエンザが流行っていますので 気をつけてください。
Commented by hidaneko at 2013-02-18 10:23
>椿さん

手の具合はいかがですか。
すこしでも痛みなど不具合がよくなりますように。
右手の方も、日常生活のことも考え合わせ、
よい方法が見つかると良いですね。



<< 抜糸後、縫合が開いたときの家庭... 手術費用、傷害保険でカバーされ... >>