モグのアキレス腱断裂の抜糸

昨日(平成25年1月30日(水))は
モグのR港病院整形外科に受診の日だった。
退院後はじめての受診、抜糸して、
ギプスの代わりになる装具の型をとる予定が抜糸だけだった。
手術が1月17日(木)だったから約2週間で抜糸になる。





いまどきのギプスって、面白いのね。石膏じゃない。
モグのを見てプラスチックで出来ているみたいと思ってた。

ちょうど装具屋さんが来てて、わたしも脇で
ギプスを外すところから見学してた。
「このカッターは、先の円盤が回るのではなく
振動で切っていので音がすごいですが、皮膚を切ることはありません」って。
確かにかなり音がして、粉が少しこぼれたけどね。

先生が、ぷちん、ぷちんと抜糸して、
ノベクタンスプレーみたいなのをシューして
サージカルテープを傷と直角に貼る。

みてて「あ、そうそう」と思った。
自分の手根幹症候群の手術のときもそうだった。
抜糸後の縫合痕が開かないように、テープを貼るのだった。
看護師さんが切ったテープを、先生が
「もっと長く」とおっしゃってた。
「あ、そうそう、テープは長い方がかぶれにくいんだっけ」

そのあと、不織布みたいなのをあて、
不織布みたいな包帯で端から巻いていく。
2重3重、かかとの当たりなど、場所によりもっと厚く。

そのあと、ネット条の包帯みたいなのを水につけ軽くしぼり
不織布の包帯の上から巻いていく。これがギプスになる。
帰ってきて検索したら、〈水硬性 ポリウレタン樹脂を浸含させたガラス繊維キャスティングテープが主流〉だって。
先生は「足に力を入れないで、楽にしててください」と、
看護師さんにもたせた足の端からぐるぐる巻いていき、
足首のあたりは重ねて巻き、
尖足位の状態で、先生が手でこすっているうちに固まる。

「来週、型取りをして、再来週に装具ができます」
というので、まだ当分、松葉杖&ギプス生活は続きそうだ。
     ・
     ・
     ・
そのあとリハビリに回り、病院を出たのが昼ちかく。
家に帰って食事の支度をするのには疲れていて
「どこかで食べていきたいねー」と脳内検索。
松葉杖で長時間歩くことが出来ないから、条件として

1,来客者用の車イスがおいてあるところ
2,車イスを借りるところと駐車場が近いところ
3,食事する場所へ車イスで行けること
4,ふつうに美味しい店であること

デパートには借りられる車イスが置いてある。
でも、車イスのある店と駐車場が離れている、行き来が大変。
で、却下。

大型スーパーにも車イスがあり駐車場も近く、1,2はクリア
だけど、食べ物がバーガー屋さんでは味気ない。

郊外型大型ホームセンターの二階には美味しい店があり、
店内の通路も広いから車イスでも通れるだろう。
でも、ホームセンターに借りられる車イスあったっけ?

結局、中央図書館になった。
あそこなら借りられる車イスがあるし、
美味しいレストランも入ってる。
図書館入口の脇に車イス用駐車場もある。
念のため、図書館とレストランに電話。
車イスが2台あり、レストラン内も通れることを確認。

久々に、人の作った美味しい物を食べました。
それにしても、行きつくところが図書館だとは(笑)
[PR]
by hidaneko | 2013-01-30 20:59 | かぞく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/18524659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 酷い肩凝りと久々の鍼・マッサージ ぎちぎちの日々にちょっと疲れてきた >>