原発について

話が前後したけど………
一昨昨日。2012年7月6日(金)のこと書いておくね。

夕方から、初心者向けのヨガのコースに行ってきた。
「図書館deヨガ」が参加人員の減少で消滅し
あまり体を動かさなくなっていたところへ
そのクラスをやっていた先生が新しく初心者コースを始めるからと
「一緒にやらない?」と友人Yさんからのお誘い。

うーん、イマイチ気持が乗らないけど
体を動かすことから始めたらいいのかな、と
試しに行って見ることにしたの。
そしたら、誘ってくれたYさんは仕事の都合で遅くなるとメール。
他の参加者も、今日は休み、とかで、わたしと先生とふたりきり。
うっひゃ〜、ドキドキの個人指導となりました。

で、その時、先生から
「原発に関する県民投票を求める署名活動の受任者(署名を集めるひと)になっているの…」と署名用紙を出そうとしたの。。
でも、わたし、署名をできない、とお断りした。
「わたしは今の時点で、県民投票は時期尚早だと思ってる。
今、県民投票をしたら、原発賛成派がどんなこすっからい手を使ってくるか分らない。
こちらでも、東電の地域住民への説明会でヤラセがあったことが報道されているし。
また地元住民には、原発があるから雇用がある。原発がなくなったら地域はどうなるのか、という人たちもいる。
大震災での福島での事故のあとの、地方選挙で、原発反対派の候補は落選し、原発賛成派が当選してる事実。
いま、県民投票をして、賛成多数となったら、錦の御旗にして原発を推進してくるだろう」
と、いまの、自分の思いを述べた。

先生には、そういう考えもあるわね、と分ってもらえたけれど、

ヨガのあと、ヨガに誘ってくれたYさんと、別な場所で示し合わせて飲んだの。
ヨガには間に合わなかったけど、軽くいっぱいどうですか、と誘われて。
そこでも、あれこれ、身内の相談などあったあとで、
原発の県民投票の話になった。
それを聞いていた、居酒屋のご主人、ぼそっと
「県民投票も、もろ刃の剣だからな」と。

そう思う。
県民投票を請求しようと活動してる人たちは、多分、反対が多くなるとみている、と思う。
でも、どっちに転ぶか分らないのよね。

たしかに、県民投票をよびかけることで、
原発に無関心だった人たちを、原発に向かせる役にたつかもしれない。
「我が事」として考えていない人も多いもの。
県内に原発を持ち、一旦ことがあれば・・・・
自分の住む地域も汚染され住めなくなる可能性大なんだけど。

こんな狭い日本に、原発54基は多過ぎる。
四基が廃炉になるとしても、50基?

土日と、夜、NO NUKES 2012をユーストリームで見ていた。
YMOの教授の呼びかけで
「さようなら原発1000万人署名市民の会」に賛同してのイベント。

もんじゅ君も踊ってる「ライディーン」の演奏を貼っておく。
教授、還暦だなんて信じられない。かっこいい〜♪



もういひとつ、
忌野清志郎のカバーで、割烹着ーズの「ラブミーテンダー」

[PR]
by hidaneko | 2012-07-09 23:13 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/17744640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< グリムズ メモ:パブコメ「エネルギー・環... >>