エムドゲインを使わなかった話

歯茎がうにゅうにゅしてる。
今日、糸取りしてきたんだ。
(ふつう抜糸というけど、歯科でバッシというと抜歯のことになるので糸取りというのね)

なんで抜糸したかというと先週、歯肉(歯茎)を切開手術したから。
なんで歯肉を切開したかというと、歯周病の治療のため
「エムドゲイン」ってのを使って歯槽骨の再生治療しようと。

初めて聞いた時、エムドゲインって何? と思ったよ。
なんでも、それを入れると、骨再生ができるっていうの。
可能性に疑問を投げるむきもあるみたいだけど、
主治医が「やってみましょう」というし
わたしも、好奇心の強い女だから、
「それでどうにかなるのなら…」と、試して見る気になったの。
(なんでもブタ由来の物質で骨の再生に可能性があるとのこと)

自費になるところを、うまく何やらして、
できるだけ自己負担の少ないように画策してもらって。

で、先週、手術ってことになったのだけれど…
消毒薬でぶくぶくうがいをして、口腔内を消毒して
別なイスに移って、顔に消毒した緑の布をかけられて、
うん、口のところだけ出るように丸く穴があいてるの。
で、麻酔を塗布されて、麻酔の注射を数箇所うたれて
さて、切開……

ガリガリとなにやら削って
前の説明で歯根骨の汚れをきれいにしてから」と聞いてたので
ああ、やってるな……と思っていたけど、見たかったなあ。
部分麻酔だし、当然、意識はあるのだから、
できることなら、手鏡で見ていたかった!

ガリガリ、ゴシゴシしていた先生が、しばらくして
「ああ、こりゃだめだ…」ってつぶやかれた。
あ、歯周病専門のA先生が執刀してたんですけどね、
以前から担当してもらっていたN井先生も立ち会っていて
二人で相談してるの。

「ああ、これだから、いくら治療しても改善されなかったんだな」
って、以前からの担当医のN井先生。
歯の根に亀裂が入っていたんだって、わたしの奥歯。
この亀裂はレントゲンにも写らなくて、
「開けてみなくちゃわからないね」だって。
歯の根のヒビや亀裂は、神経を抜いた歯には
15〜20%の割合でおきることです、とA先生の説明。

(帰宅後、ネット調べたら、歯に亀裂があるとその隙間に菌が入って、
 外から歯周病の治療をしても効果がないんだって)

で、エムドゲインは使わずに、チクチク縫っておしまい。
使わなかったから、自費じゃなくて、保険がきくって。

なんか、開けただけ、痛い目をしただけの無駄みたいだけど
(しっかり手術代とられました。保険の3割で4500円ほど)
でも、すっきりしたわ。
効果があるかどうか、あとの歯磨きなどケアが比重をしめるという
エムドゲインをつかわなくて、ちょっとホッとしたのもあるし
自分の歯の状態がわかったから、ね。

   ・   ・   ・   ・   ・

わたしが参考にしたサイト、
エムドゲインゲルを使った歯槽骨の骨再生

エムドゲインを利用した歯周病治療法について(図解がわかりやすい)

歯の根が割れる「歯根破折(しこんはせつ)」
この中の、「根の病気が改善しない」が該当するみたい。
根の治療を繰り返しても治療の効果が挙がらない…ですね。

   ・   ・   ・   ・   ・

…っということで、今日、糸取りしてきたのですが
これからは、今ある歯をできるだけ使えるまで使いましょ
ということでありました。
あとは、インプラント?とか言われたけれど、
費用もさることながら、あれってあとのケアが大変そうで。

歯は、神経を抜くような虫歯にならないように、
初期の治療が肝要というか、
それ以前の、日々のお手入れが大切ということでありますな。
[PR]
by hidaneko | 2012-04-06 23:54 | からだ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/17395082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 春の花束 すごい風だった >>