自分用メモ・小田嶋隆の「私も原子力について本当の事を言うぞ」

もうひとつ・・・・
(今日は引用が多いなあ)
日経ビジネスオンラインより、
小田嶋 隆の「私も原子力について本当の事を言うぞ」

こちら、リンク先は5ページあるうちの1/5なんだけど、
はじめの方で、読売新聞の9月7日付けの社説に触れていて
(『日本は、核兵器の材料になり得るプルトニウムの利用が認められている。こうした現状が、外交的には、潜在的な核抑止力として機能していることも事実だ』という例のヤツ)
ふむふむと読み進むうち、
4/5まできて、わたし「へえ〜!」と思ったのだ。

原発についての感覚に、男女差ってあるの?



読んでいて、肌に粟が立った。

ーーーー引用 ここからーーーー
 パワー以外のすべての点で、私は、原子力技術には疑念を抱いている。安全性はもちろん、コスト面でも、将来性においても、取り上げるべきメリットは見当たらない。21世紀の技術的水準から見れば、原子力は、どうにも前世紀的で、大雑把で、危険で、不明な部分の多い、未成熟な技術だと、そう考えている。

 でも、パワーだけは別だ。
 あの桁違いの出力と、暴力的な物理的なパワーには、どうしても魅了されてしまう。理屈ではなく。生理として。

 告白すれば、数年前に柏崎刈羽の原発を見学した時、私は、原発のあのたたずまいにテもなく魅了された。自分ながら意外だったのだが、あの巨大さと不気味な静けさに、心を奪われてしまったのだ。
   (中略)
「心の中には、「かっけー」「つええ」「すげえ」ぐらいな間投詞が溢れているはずなのだ。男の子は、何歳(いくつ)になっても変わらない。われわれは、強力で、派手で、むちゃくちゃで、制御の難しいホットロッドなマシンが、心の底から大好きなのである。」
ーーーー引用、ここまでーーーー

以前、わたしも柏崎刈羽原発を見学した事があった。そのときの印象は「こわい」だった。『あの巨大さと不気味な静けさ』。海岸に近い広い敷地、きちんと手入れが行き届いた芝生や松の木の奥に、整然と並ぶ建造物。先の中越・中越沖地震での被害の事や、東電の事故隠しの体質、海からのテロのことなど、いろいろひっくるめて「こわい」だった。
だから、小田嶋氏の文章を読んで、ひっくりかえりそうに「へえ〜」と思ってしまったの。

「原子力かっけー」「原爆つえー」「核分裂パねぇ」なんですか? 
男の子(含む成年男子)って、そうなんですか?

巨大な工場などに魅かれるのは、わたしもある。工場地帯の入り組んだパイプなど、かっこいい、と思う。
だけど、原発敷地内(見学コースだけど)に入った時は、こわかったよ。それは、わたしが女だから?

小田嶋氏は、さらに先の、5/5で
「原子力は男の世界だ。学者も作業員も推進者も官僚もほとんどすべて男ばかりの、いまどき珍しいガチムチなサークルだ。そういう著しく男密度の高い場所では、「怖い」という言葉は、事実上封殺される。誰もその言葉を口にすることができなくなるのだ」と言い、
「とすると、原発を止めるための理屈は、「怖い」ではいけないことになる。マッチョな男たちの心をとらえるもっと魅力的な理屈を誰かが発明しなければならない。その言葉を見つけるのは、とても難しい」と言っているけど。

こと、原発に関しては、男女の差違など思いも及ばなかっただけに、「へえ〜」だったのだ。
[PR]
by hidaneko | 2011-09-09 21:32 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/16532410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふいづ at 2011-09-09 22:06 x
> 「原子力かっけー」
鉄腕アトムの世界とかだけだったら、
まあそう思うことも無きにしも非ずかななんて思ったりするけど

> 「原爆つえー」「核分裂パねぇ」

これって、核の力をほんとにはわかってないから言えるんじゃない?
と思ってしまったの。
原爆も、落とす側の目と落とされた側からの目では
ぜんぜん違う風景が見えるし
核分裂なんて、普通の生活では(絵では説明できても)
見えるもんじゃないものね。

Commented by hidaneko at 2011-09-09 22:45
>ふいづさん

まずは、長い文を読んでくださってありがとう。
自分でも考える材料にしたいと思って、メモ書きしたんですが
つい、長くなってしまって・・・(^^ゞ

>核の力をほんとにはわかってないから言えるんじゃない?

たぶん、そうなんでしょうね。
自分と関係ないこと、距離がある、
だから絵空事として(SFや戦争映画を見るように)
カッコいいと思うのかも・・・。


<< 自分用メモ・リスクのとらえ方と伝え方 自分用メモ・知事会見(9月5日) >>