小出裕章:原子炉の現状/残された対応策/故郷...



ツイッターで知った動画映像、
いつの、どこの放送局のだろうと、検索してみたら。
2011年6月16日(木)、テレビ朝日のモーニングバードの
「そもそも総研」コーナー(玉川徹レポーター)だった。
こちら「小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ」にもあった。

ワイドショーの中のコーナーなので、わたしなど素人にもわかりやすい。
どれだけ、知らされてなかったか。背筋が寒くなる。
政府や東電はどれだけ隠しているのか・・・
むやみに怖がる、というのではなく、真実を教えてもらって
それも、数字だけじゃなく、素人にも分かるように解説してもらって
そこから、生活の仕方をどう選択して行くか。
それは、福島の被災地の方々だけじゃなく、
日本に住むわれわれ全体で考えて行かなくては、と思った。

ーーーーー以下転載ーーーーー

コーナーの内容

そもそも総研 たまペディア
原発震災 今の状況どうなってるの!?

今回は「そもそも原発震災は簡単に収束するものなのかどうかわからない」というテーマで取材。メルトダウン状態を超えてメルトスルーの状態になっている原発がどうなっているのかについて専門家へ危機に行った。

政府が認めているメルトスルーの状態でとどまっていないのではないかと専門家は指摘。最近になって原子炉の炉心の水が無くなっている可能性が出てきており、冷やすことが出来なくっていると専門家は見解を述べた。

報道(転載)

福島原発「メルトスルー」どころじゃない!建屋突き破って地下めり込み
(J-CAST 2011/6/16 12:37)

=====
福島第一原発の核燃料はいま、いったいどういう状態なのか。東電・政府によれば、溶けて圧力容器の底に落ちて、つきぬけて格納容器に落ち(メルトスルーし)ていて、でも「チャイナ・シンドローム」のように、大量の燃料がどんどん落ちた(ている)のではない――という。
しかし、彼らの炉心についての分析はこれまでも悪い方に外れ続けており、信用がない。番組によれば、「状況はメルトスルーより、さらに悪い」と見る研究者もいる。どちらが正しいのか、では原子炉をのぞいて正解を見てみましょう――とはいかないのが、国民的にじつにもどかしいところだ。

地下水と接触して汚染水流出懸念
「東電・政府の(収束)ロードマップなんて言ってる状態ではまったくない」と、番組のインタビューで主張するのは、小出裕章・京都大学原子炉実験所助教。
小出氏によれば、溶けた燃料は、圧力容器の下の格納容器でもとまらず、炉建屋地下のぶ厚いコンクリートの構造物に、どんどん溶けながらめり込んでいるという。したがって、もはや水をかけようが循環冷却をしようが、「炉心を冷やすことは不可能」だという。
さらには、燃料がコンクリートをも突き破り、地下水と接触して、(超高濃度の?)汚染水が海に流れ出すことが懸念されるという。

=====
ーーーーー転載ここまでーーーーー
[PR]
by hidaneko | 2011-06-17 10:19 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/16141544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼやっきー at 2011-06-18 23:11 x
確かにわかりやすかったです
恐怖を感じるまえに悲しみが胸を貫いてしまって 流す涙はとうに枯れ果てて 虚無感だけが無限増幅中

福島原発から遠く離れたわが県でも すでに茶の葉や茎からセシウムが通常時とかけ離れた数値で検出されている だけど空中飛散はまったくといっていいほど変わらない これが我々を部外者と思わせる罠
Commented by hidaneko at 2011-06-19 00:30
>ぼやっきーさん
>虚無感だけが無限増幅中

たしかに。おっしゃる通りです。
このように事故のあった原発が終息していないのに、
海江田経済産業相は安全対策は「適切に実施されている」として
全国の停止されている原発の再稼働を要望しています。
(そんなに大丈夫というのなら大臣自身が原発の町に住んで欲しい)

http://youtu.be/aJdMa1VI0do


<< ブログで苗を育成し植林するエコ... はじめての往診 >>