チェルノブイリの10年後の映像

NHKの番組。
「チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染」
チェルノブイリ事故から10年のドキュメントです。
ネットで紹介されていたのでこちらにもアップします。
わたし、以前、テレビで放映したのを見た記憶があります。

この番組では、かつてのチェルノブイリでおこったことを丁寧に紹介してます。
同じことが、福島でも起るのでは? 
起りつつあることではないのかな、と思う。
その2で、森のキノコを集めて食べているシーンがあるけれど、
福島では、先日、山菜に放射能が検出されたという。
「いますぐに」影響はなくても・・・いずれ・・・

[追記]2011年5月3日(火)夜
これらの映像について、今朝の私の記述に誤記がありましたので、
その部分を削除いたしました。ごめんなさい。
NHK広報室は、「もともとオンデマンドで配信しておらず、掲載も削除もしていない。1996年と古い番組でもあり、今後配信予定もない。原発問題についてはETV特集などで報道している」と話している」とのことです。


1-4


2-4


3-4


4-4



ひろ先生のコメント、
ぼやっきーさんのところから転載させていただきます。
ーーーーーー転載ーーーーーー
その4の映像で測定された放射線はセシウム(Cs)に由来するものです。放射性同位体である 135Cs は230万年という非常に長い半減期です。137Csのそれは30年です。セシウムはものに接着する性質を持ち、土に吸収〔吸着〕されます。セシウムの測定は地上5cm以内で、土を掘り起こして測定する必要があります。福島では、主に地上1mで測定されるという過ちを犯していると言います。
これらを何らかの経路で内部被爆しているのです。

肥田先生は放射線による「ぶらぶら病」に注目されています。気分の落ち込みとえもいわれぬ疲労感がその症状です。診察した目の前の患者が、初めは椅子に座っていますが、直ぐに胡座を組んで椅子にもたれかかり、「済みません」と言いながら、床に寝そべる様子を話しておられました。
ーーーーーここまでーーーーー
[PR]
by hidaneko | 2011-05-03 07:23 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15908492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼやっきー at 2011-05-03 22:25 x
この画像は貴重品です
こうやってみれていることが何より大切だと思います
UP ありがとうです

NHKさんもイラヌデマと目くじらたてるまえに
自ら進んでアーカイブとしておいとけよなっ!
Commented by hidaneko at 2011-05-03 23:06
>ぼやっきーさん

以前見たとき、汚染された村に暮らし、森できのこを採り、
生活している老人たちの姿が印象に残っていました。
福島原発で事故が起り、住民の立ち退きになったとき
脳裏に浮かんだのが、あのシーンでした。

ただ、うろ覚えだったのが、今回、もう一度見ることができ
見間違いじゃなかったのだ、と思ったのでした。

福島から避難されている方々も、きっと、
自分たちの住み慣れた町に戻りたいと思っていらっしゃるでしょう。

政府は、今回の事故の影響、数値をちゃんと公開し、対処して欲しいですね。


<< 103歳 現代詩って、わたしにも読めた >>