原発ってヤツは

昨日の日記にも書いたカカドゥ国立公園のこと
たまたま今日、ツイッターで流れてた。こちら

ーーー以下引用ーーー
ニュース:2011年4月20日
世界最大級オーストラリアウラン鉱山がシャットダウン 
放射能高汚染水の漏出に打つ手なし

世界のウランの10%を供給する世界最大級のウラン生産企業であるエナジー・リソーシズ・オブ・オーストラリア(Energy Resources of Australia)社のウラン生産拠点、ノーザンテリトリー(北部準州)のレンジャー鉱山が”シャットダウン”に追い込まれている。地域を襲った記録的大雨で鉱滓堆積ダムの放射能汚染水が、これを取り巻くアボリジニー居住地や世界遺産に登録されているカカドゥ国立公園の湿地に溢れ出す恐れが出てきたからだ。(略)
この30年、毎日10万リットルの汚染水がカカドゥ地下の割れ目に漏れ出してきた。昨年完了した18ヵ月の調査は、水がどこへ行ったかも、将来、環境を損傷するかどうかも確定できなかったということだ。(略)
ーーー引用ここまでーーー

事故を起こした原発だけじゃなく
おおもとのウラン鉱山でも環境破壊をおこしてる。
そこまでして、原発で電力を作る必要が、ほんとうにあるのか?
追記:引用元の「農業情報研究所(WAPIC)」とは
 このページは、グローバリゼーションとそれに伴なって生起する農業・農村・食料・食品や地球温暖化・それと関連した自然災害・化学物質汚染・自然と生物多様性の破壊・感染症蔓延などの環境に関する諸問題に関する主として海外の最新情報を提供しようとするものです。当研究所は2000年に国立国会図書館 (NDL)調査及び立法考査局(調査局)を定年退職した北林寿信(プロフィール)が一人で運営しております。海外の事情を十分に、また適切に知らされていない日本国民 の情報ギャップを多少なりとも補い、適切な行動の選択に資したいというのがこのボランティア活動の動機です。



今日、「鉄腕DASH」をみてて、
DASH村って、福島県浪江町にあったことを知った。
福島原発から30キロ圏内。
村にいた動物たちは、疎開して別な場所で飼われているという。

リーダーがDASH村に協力していた町民の疎開先を訪ねていて、
中のひとり、牛を飼っているひとの言葉が胸に痛かった。

「3日ごとに餌をやりに行くんだけど、もう3頭死んでるんだ」
「どうしてですか」
「毎日、人と接してきた牛だから、人がいなくなってこわいんだろうね。
行って、餌をやろうとすると、こうやって(首をすりよせてきて)
震えているんだ」

おおもとでも、末端でも
人も動物もおびえさせて・・・原発ってヤツは!
[PR]
by hidaneko | 2011-04-24 20:35 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15864783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼやっきー at 2011-04-24 23:03 x
ほんとうにね
なぜに手をだしてしまったんだろう
原子力発電 

Commented by hidaneko at 2011-04-25 21:01
>ぼやっきーさん

ほんとうに・・・
利点にばかり目が行って、害を過小評価したのでしょうか。


<< 春爛漫か、行く春か 反対するだけじゃなく・・・ >>