プルト君だって

テスト。
二コ二コ動画、貼れるかな。
前にYouTubeで見た動画。
ぼやっきーさんのところでも紹介してたの。
同じ動画が二コ動にもあって
下のコメントが真実を突いてるというので貼ってみる。


「コメントがうるさい」と思う方は、
画面右下の吹き出しをクリックするとコメントを消せます。


「安全神話」はこうやって作られるのかな、と思った。
真実を全部は伝えず、都合の良いところだけを
良いように話し「安全だ」と信じ込ませること。

だれが作った動画なんだろう。
と思ったら、動燃でした。

>『プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君』というアニメの原発推進宣伝ビデオ。プルトニウムをガブ飲みしても大丈夫、という内容が国際的批判を浴び、すぐに回収された。動燃(動力炉・核燃料開発事業団)が製作。youtubeから転載

上の動画について、
ひろ先生が書き込みをしていてので、こっそりもらってきました。



ーーーーーーーーーー
プルトくんって、可愛い名称を作ったものです。
プルトニウムは原発でウランを燃やして作られた人工の元素です。
元々の歴史として、原爆を作るためにマンハッタン計画でウランを生成し、原子炉で燃やしてプルトニウムを造り、原爆の材料にしました。それはウランよりも簡単に爆発し、威力が大きいからです。

半減期が24000年のプルトニウムを途方もない年月に渡って安全に管理することが可能でしょうか。
α線は紙一枚も通らないと言いますが、細胞膜の厚さは簡単に通り抜け(内部被爆)、細胞の核の中の遺伝子=DNAを細切れにします。簡単に言えば、その結果、細胞は再生できなくなります。

人類が制御できない核の平和利用はあり得ないと思っています。
制御棒で核反応は停止されても、福島原発事故が示すように、崩壊熱によってくすぶり続け、冷却出来ない事態が続いています。下手をすれば、再臨界が起こるかも知れません。
ーーーーーーーーーー

>細胞が再生されなくなる・・・って。
人間は常に古い細胞が死んでは新しい細胞を作り直し
再生を繰り返して生きているのよね。
(だから103歳のバーサンの傷だって治る)
DNAが傷つけられるということは、
細胞が正常に再生されなくなるということで、
即死ではなくても、確実に死に至るということ・・・

動画の中では「安全に管理」と繰り返してるけど
福島原発3号機 ではプルトニウムが使用されている。

建屋の爆発以来40日以上たっても収拾がつかなくなってる・・・
[PR]
by hidaneko | 2011-04-23 21:15 | うきよ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15860233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くろねこぶんた at 2011-04-23 22:37 x
ニコ動のコメントが面白い^^;
「平和に爆発したい」ってのには吹いた。

「プルトニウム」の語源の「プルート」って、
冥界の神なんだよね。
その名前がついた時点ですでに
ある程度、人間との関係性が出てる気がする。
Commented by hidaneko at 2011-04-23 23:19
>ぶんたさん

笑っちゃいますよね。笑っちゃうほど怖いわ(笑)


<< 反対するだけじゃなく・・・ パープルリボン >>