パープルリボン

「このまえ買ったのを、使おうとしたら
はがすテープに何か書いてあるの。
DVについてみたい」と、モグが言う。

なに? と思ったら、ナプキンだった。
新しい銘柄にかえて、
メッセージが書いてあるのに出会ったというわけ。
「あっ、出来たんだね!」

どれくらい前になるだろう、
友だちと話したことがあった。
DVの相談窓口やシェルターについて、
パートナーにみつからないように
女性だけに伝える方法について。
「電話番号を持っているだけで暴力を振るわれることもあるから
女性しか使わないもの=ナプキンに連絡先を書いてもらおう」
という運動について、署名を集めてた。

わたし、そのやり方について、ちょっと懐疑的だったんだ。
相談窓口って、住まいに近いところじゃないと困るでしょ。
一方、全国的に販売される商品に書くには、
連絡先をどうするのだろう? と思ってた。

  こちらの市では、市役所や連絡所、公民館、図書館などの
  女子トイレに、名刺サイズの紙が
  「御自由にお持ちください」と置いてある
  連絡先として、県や市の関係部署の窓口や
  市内で活動をしてる市民グループの番号が書いてある。
  それなら分かるけど・・・・と思っていた。

f0016892_21213492.jpg
それが、実現されたんだ。
個別包装の上からも
書いてあるのがすけて見えた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
怖いと感じたら、それがDVです

0570-0-55210(ここにでんわ)
お近くの相談窓口をご案内します
通話料金がかかります
携帯電話や一部のIP電話からもご利用できます
運営:内閣府男女共同参画局

elisはパープルリボン活動を応援しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電話番号から検索したら、
内閣府男女共同参画局のサイトだった。(こちら
なるほど、これなら全国展開できるわけだ。

上の番号は、全国統一ダイヤルで、
そこから、最寄りの相談窓口(又はご希望の地域の相談窓口)の
電話番号や相談受付時間等を自動音声によりご案内。
転送サービスもあるという。24時間利用できるという。
平成22年2月22日から開始されたという。


*Wikipediaによると・・・
「パープルリボン(Purple ribbon)は、女性への暴力の根絶を訴える啓発活動、もしくは膵臓がんの啓発と撲滅を訴える活動の象徴である。」とある。
今日の話は、「女性のためのDV相談室」こちらの方です。
[PR]
by hidaneko | 2011-04-20 21:19 | うきよ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hidaneko.exblog.jp/tb/15845174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< プルト君だって 本好きな方へ >>